粒高」カテゴリーアーカイブ

規格変更で「表ソフト」扱いに
「TSP カールP2」中(硬式)

TSPのロングセラーシリーズとしてラインナップされている粒高ラバー「カール」の中では太目の粒で変化幅を抑え、攻守のバランスタイプという位置づけであった「カールP2」ですが「表ソフト」扱いとなりました その為、ラージボールでも使える様になって... 続きを読む

粒が硬めで弾きやすい
「DINGO+SWISS Zik Zak」 1.0

DING YI氏の名を冠するラバーをラインナップした事が大きな注目となったスイスの卓球メーカー「DINGO+SWISS」から、硬めの粒で打ちやすさが特徴となっている「Zik Zak」です 厚めのスポンジはないですが、薄めのスポンジとしては弾... 続きを読む

カットマン専用として登場
「TSP カールP4」 極薄

TSPブランドの粒高として長くラインナップされている「カール」シリーズとして「カットマン専用」と銘打たれた粒高「カールP4」です ベースは変化幅がシリーズ中最も多い「P1」で、スポンジ硬度はシリーズ最軟の「20.0±3°」を採用しています ... 続きを読む

安定性と使いやすさを踏襲「729 755 鬼釜Ⅲ」 0.8mm

ロングセラーシリーズとなっている「729」の粒高ラバー「755」です 従来の755と比較して、大幅な仕様変更は少なく、基本的なスペックは踏襲されているラバーですね    パッケージはこの「MYSTERYⅢ」となってからは、どのラバーも明るい... 続きを読む

粘着粒 キレ重視
「STARWOOD ALFA3」 0.5mm

高級ラケットを多く手がけるブランド「STARWOOD」からラインナップされている 粒高ラバー「ALFA3」です 「BRAVO」でもそうでしたが、粒に「粘着」を持たせている粒高で、キレを重視したラバーとなっています    パッケージはBRAV... 続きを読む