強い弾みと強烈な変化幅「andro RASANT CHAOS」0.5mm

個性的な用具展開で存在感を放っているドイツメーカー「andro」ですが、粒高においても非常に強い弾みを有するテンションスポンジを採用した粒高がラインナップされています 前身のCHAOSをより強化した「RASANT CHAOS」です テンションスポンジの弾みと高い変化性能を併せ持つラバーとなっています

  

CHAOSでは白系のパッケージにカラフルな水玉模様が描かれていた物でしたが、RASANT CHAOSでは緑とオレンジ系のカラーリングにモンスタートラックが描かれたパワフルなイメージのパッケージとなっています 超ゴクウススポンジである「0.5mm」が加わった事で、テンション系でありながら、守備的な部分での改善が図られています ですが粒高としては非常に弾みが良いので注意が必要です

    

粒は細めで配列は横目です 間隔は離れてますね 粒が非常に軟らかく打球の難しさがあります 粒が容易に倒れてしまうので、飛ばすのにコツのいるラバーです 粒高で強いボールを打っていく場合にはかなり難しさがあります スポンジの弾みは良いので、押し込む打ち方向けですね スポンジは弾みますが、弾くには粒が倒れ易すぎるので適していない印象です

変化性能は非常に高く、大きくボールが揺れるタイプです 不規則な揺れや沈み方をするタイプですね スポンジのスピードもあり、変化とスピードによる急激な変化が特徴です ブロック時に厚くボールが当たるとスポンジが弾き出すので、ボールを抑えることが難しく、0.5mmという薄さであってもなかなか失速しないですね この薄さとしては抜群にスピードはでますが、抑えづらいという部分は出てきます コントロールの面で難しさはありますね 粒が回転に対する変化は抜群ですし、対ナックルに対しても極端に不得手ではないので、弾みのコントロールとのバランスを調整する必要があります

カットではスポンジが非常に弾むので、薄くした場合でもカットの飛距離を稼ぐ事は出来ます 性質としては変化よりはキレが目立つ性質ですかね スピードが早く、低いカットが直線的に飛んできます 粒が倒しやすくかなり切れるカットが可能ですね テンション粒なので弾みの部分で抑える事が難しくなります 切れ方が非常に良いですね

カット・異質攻守 どちらでも高いスペックを発揮する粒高ですが、印象としては回転を利用し、高い変化性能を活かせる異質攻守タイプのプレースタイル向けですかね カット時のキレと低く抑えてシャープに飛んでくるカットも魅力ではありますが、大きく揺れるボールとプッシュのスピード、攻撃的なブロック、台上での攻撃等、ラバーの特長を活かすシーンがより多いのが異質プレーに適しているかな という印象です  粒が倒れやすいので打ちづらいラバーですが、抜群の変化性能とテンションスポンジによるスピードは屈指の性能です ネックとなるのはかなり高額な事ですかね ですがこれは代替となるラバーも少ないですし、切れと変化幅両方で優秀なスペックを有しているという事を考慮すると仕方が無い印象ですかね 安定性は失われますが、非常に優れたスペックの粒高ラバーです

粒高
tti-labo.com