中国系ドイツラバーの黒船
「TIBHAR GRIP‐S」

TIBHAR初の中国ラバーである「GRIP-S」です 国内では「メンバー限定品」として販売されています その正体は「OEM提供」された、「海夫」社のラバー「藍鯨」で、ヨーロッパ選手に好まれるようにカスタムされたラバーですね 「藍鯨」と比較すると球持ちがよくなっています

 

DSCF1606.jpg  DSCF1607.jpg

 

漆黒のボディがかなりインパクトあります パッケージは「藍鯨」同様「真空パッケージ」となっています 品質面が思ったより良くなかったのは残念でしたね・・・・ ラバーにゴミが少しついてました このラバーも「已打底」ですね 貼るまでの手順が結構面倒で、「フィルムをはがして数分置け」とか「貼りつけてしばらく放置しろ」など、打ち始めるまでにいろいろと時間のかかるラバーです まあ「中国ラバー&已打底」なので仕方ないですが・・・・・ 国内でクレームを避けようとするとこれくらいの説明がないといけないんでしょうね 「已打底」本来の弾みが出るには数日かかるため、この手順は避けては通れないです

 

DSCF2431.jpg   DSCF2432.jpg

 

見た目はまんま「藍鯨」です・・・・ まあこちらの方が「粘着のムラが均一」かなあ、という程度ですかね しっかりスポンジも「ブラック」です 打球感はこちらの方がかなり柔らかく球を持つ印象がありました 「藍鯨」の36度とかその辺の硬度に近いかもしれません 打ってみると最初は「思ったより飛ばない」印象でしたねえ   貼付後約1週間ほどで一番弾みがでてきた印象でした

スピードや回転性能はさすが「藍鯨」の系列、というところでしょうか 本来の性能が出ればなかなかのスペックを持っています しっかりと弾けばスピードも出ますし、引っかかりもよく球持ちいいので、コントロールしやすく重いボールを打つことも可能ですね 中国ラバーの中ではかなりバランスのよいラバーではありますね

ただ高額なので、わざわざ「コレを使う」必要があるかどうか、ですねえ コストパフォーマンスの面で見ると「藍鯨」の柔らかい硬度のものを使用したほうがはるかにお得です こちらのほうが品質でもよければ話は別ですが、品質面にも不安がありますからねえ ヨーロッパメーカー向けに仕様が変更されている感じなので、フィーリングは若干向上していますが、価格の面でメイン使用を検討するには厳しいラバーです いいラバーではあるんですけどねえ サムソノフ選手が「2009W杯」で優勝時に使用していたラバーなので、総じてスペックは高いです もう少し価格が抑えられていれば、使用者も増えてくるんじゃないかなあ 「藍鯨」とほぼ同じですが・・・・・・・  こだわらなければ「藍鯨」のほうが価格も安く継続使用はしやすいです

裏ソフト
tti-labo.com