攻撃重視なテンション粒高 「銀河 海王星」

太陽系の惑星の名を冠する銀河のシリーズからテンション粒高である「海王星」です。「テンション粒高」という新しいジャンル+中国のマイナーメーカー、ということでかなり訝しがった記憶がありますが、コストパフォーマンスの高さと珍しさもあって購入してみました。

 

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~  自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

 

名前の通り「海」をイメージしたパッケージですねー まぁ、実際には「水」ではなくて「氷」ですが・・・・くわしくは「ウィキペディア」で調べてみて下さい そういう天文学的な話は別としてパッケージ自体は結構好きかも、濃い青、というカラーリングはなかなかかっこよく仕上がってます。 タイトルに「攻撃重視」と書きましたがこの粒高、かなり球離れがよく粒高の割にボールが「弾ける」んですよ。 これは当初アニキが「カット用」で試しに購入したのですが、「球離れがよくてカットしにくい」とのことでした。そこで、戦型を「前陣攻守」として使用したところ「変化は出しにくいがボールを打ちやすくプッシュ等がやりやすい、反面ボールを抑えるときに球離れの良さが災いすることがある」ということですので「変化を出す」というよりは「自分から打つ」粒高であるということのようです

 

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~  自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

 

つやの抑えてある中国系らしい「赤」ですね。ロゴ部分はこの惑星シリーズ共通のデザインです。価格はかなり安いですがその分品質はそこそこ、という感じですね。 ばらつきがあるかどうは不明ですが、手元にあるものはまずまずのもののようです。 粒がやや硬めで倒しにくいらしく、これが打ちやすい要因だそうです。触ってみると日本製の粒高(比較 フェイントロング2」に比べて硬い感じですね。粒も少し太い感じかなぁ・・・ カットも結構切れるので出来ないことはないらしいのですが、球離れが良すぎるためボールを抑えるのが大変なんだそうです。 

粒高というと「変化」ですが、このラバーはあまり変化しない感じがしますね。見てみると、ボールが手元で少し変化するくらい、でした。 変化を犠牲にして弾性を高めている感じですね。表ソフトっぽい弾道で飛んだりしますからね 粒高にしてはかなりシャープなボールが打てますね。

テンションがかかっているということだけあって、粒高とは思えないボールが打てますね。変化が無くなってしまっていますが「表ソフト的」な使い方でも十分いける感じがします。この硬めの粒をガッツリ倒して変化を出せるとかなり強力な武器になるのではないでしょうか 自分は表と同じ感覚で打ってみると意外なほどすんなり打球出来たのでこれはちょっとびっくりでした。

表ソフトだと球離れが速すぎて難しい、と思う方だとこれはいいかもしれません。 「粒高でもっと打ちたい」という人にもお勧めできますねー 通常の粒高に比べて飛ぶのは間違いないので積極的に打っていく異質選手向けだと思います。 結局アニキはカットでなく異質で実験してたもんなー スイングスピードに自信のある方はカットでもいけるかも? しれません