粘着粒 キレ重視「STARWOOD ALFA3」 0.5mm

高級ラケットを多く手がけるブランド「STARWOOD」からラインナップされている 粒高ラバー「ALFA3」です 「BRAVO」でもそうでしたが、粒に「粘着」を持たせている粒高で、キレを重視したラバーとなっています

アルファ3 (4)  アルファ3 (3)

パッケージはBRAVO同様です 名前がALFA3に変わっているだけですね 裏ソフトの「SPEED」「SPIN」シリーズはこれとは別のデザインのパッケージです この銀色のパッケージが非常に目立つので、インパクトは十分ですね

アルファ3 (1)  アルファ3 (2)

粒の配列は縦目ですね 粒の細さは標準的です 間隔がやや開き気味ですね 粒の硬さは標準~やや硬めとなってます 粒の表面に結構強い粘着を持たせてあるのが最大の特徴で、触るとペタッとしています 0.5mmというかなり薄い厚さの割には弾みが良く、打ちやすいタイプの粒高ですね 比較的球離れが早めなのも飛ばしやすさに一役買っている印象です

粒の特徴としてはタイトルの通り、切れを重視したタイプですべりがかなり少ない粒高ですね 変化幅はそれ程大きくは無く、小さく揺れて変化するタイプです この厚さとしてはスピードと弾性が良好なので、速い展開の中で入ってくる変化としては有効な印象を受けます 粒が当てるだけでは倒れないので、変化をつけたり切ったりする場合は強く当てて倒す必要があるタイプの粒ですね すべりが少ない為、他の粒と比較するとナックルに対する処理がやりやすいです

カット用としては前述していますが厚さの割に弾みが良くボールの距離が伸びる事があるので、カットするタイミングや距離感の修正が必要になってきます キレは非常に良いので、切ったボールを抑えて確実に返球できるか ですかね キレ重視の性質はカットで特に表れる印象です 前陣異質タイプでの使用では弾きのよさを活かしての強打やプッシュ ドライブに対するカットショート等が可能ですね すべりが少なく打ちやすいのもグッドです また、厚さの割に弾むので軽量化が出来る点も大きいですね

変化の幅は少なめですが手元で小さく変化してくるタイプの粒なので、速い展開時に相手のミスを誘いやすい変化となります 基本的に当てるだけでは変化しないので、意識して粒を倒していく必要のある粒です 細かなタッチで微妙な変化をつけるというよりは強めの打球で押し込みながら粒を倒して変化させる粒 という感じですかね 粘着の効果もありキレの良い粒高です 守備的なプレーよりも攻撃的なプレーの方がラバーが活きる印象でしたね クセは強くないので、軽量化を図りつつ攻撃性を保ちたい場合等にはお勧めです 切れ味はグッドな粒でしたね

粒高
tti-labo.com