球離れがかなり速め
「SPINLOAD ZEITGEIST」 0.5mm

国内ではあまり見かけないドイツメーカー「SPINLOAD」から登場しているテンション粒高「ZEITGEIST」です ITTFのリストは2012年五月現在では裏・粒高が各四種類ずつリストに掲載されています

ZEITGEIST (4)   ZEITGEIST (1)

 

パッケージは黒を基調に緑の炎の様な線で「亀」が描かれている、非常に珍しいデザインとなっています 通常の物より少しラバーの大きさが小さいです カラーリングは抑え目ですが、かなり目立つパッケージですね

 

ZEITGEIST (3)   ZEITGEIST (2)

 

粒は小さめで間隔が離れています 軟らかい粒で倒しやすい粒ですね テンション粒高らしくかなりの球離れで、軽く当てるだけでも非常によく弾むラバーです かなり直線的に弾むので、攻撃性の強い印象を受けました

当初、どのような粒高であるかという情報があまりなかったので、カット用として使用したのですが非常に弾む為にかなり扱いに苦労をしていました スピード性能・飛距離共に粒高の中ではかなりの性能ですね 厚さを考えるとかなり驚きました 弾みの劣化が少し早いのがネックですかね 2週間程度で弾みが落ちてきました 使いやすくはなりますが、攻撃用として使用していると弾みの劣化は痛いですね カットは安定しますが・・・・・

 

カットはラケットの弾みを抑えないと、初期の状態では抑える事が非常に大変です キレはいいんですが、弾みがかなり良い為、ボールが伸びすぎてしまいます ラケットの弾みをある程度抑える必要がありますね 弾みの劣化後でもまずまずの弾みが残るので、ラバー自体の弾性は他の粒と比べてもあるほうですね 粒が倒れやすいので、カットは切りやすいとの事でした

前陣で使用するとスピードが抜群に活きるので、守るよりは攻める粒 という印象でした 滑りがあまりないので打ちやすいのも大きいですね 変化幅はそれほど大きくないですが、スピードのあるボールが手元で鋭く変化するので、打球時に合わせづらい事がありました 粒が倒れやすいので弾きづらさはありますがプッシュのスピードが抜群なので、クセ球とスピードのバランスが非常にグッドです カット&前陣共通の悩みはレシーブですね やはり弾みが小技に影響してきます ちょっとした操作ミスが大きく飛距離に影響するので、台上やブロックにはかなり気を使っていました

 

カット用として使うよりは攻撃重視の粒で、非常に優れたスピード性能が魅力です 変化幅は抑え目でキレのあるボールが特徴的ですね ラバーの劣化が早い事がネックですが、スペックは総じて高いです 滑りが少ないのでクセは比較的少なめですね 非常に攻撃的な粒高でした