安定性と使いやすさを踏襲「729 755 鬼釜Ⅲ」 0.8mm

ロングセラーシリーズとなっている「729」の粒高ラバー「755」です 従来の755と比較して、大幅な仕様変更は少なく、基本的なスペックは踏襲されているラバーですね

755 鬼釜Ⅲ (1)  755 鬼釜Ⅲ (3)

パッケージはこの「MYSTERYⅢ」となってからは、どのラバーも明るいカラーリングに変更されています(802等) ラバーのサイズは従来と同様小さめなので、カット用ラケットに貼り付ける際は注意が必要です また、粒高ラバーには珍しく「硬度」の表記がありますね このラバーは「38度」となっています 厚さは「0.8mm」です

755 鬼釜Ⅲ (4)  755 鬼釜Ⅲ (4)

ラバーの基本的なスペックは使いやすさと滑りが少ない事 安定性に優れる点ですが、これはこの「鬼釜Ⅲ」にもしっかりと継承されています こちらの方がより使いやすくなっている印象ですかね 程よい粒の倒れ具合と強い打球の打ちやすさが更に良くなっています 元々大きく変化するようなタイプの粒高ではないので、小幅な揺れる変化も従来のものとほぼ同じですね 若干でやすくなったかな 程度です

カットでの使用はほぼ「旧755」と同様な印象ですが、こちらの方が少しだけ弾みが良くなった様な印象です 少し距離が伸びますね 若干ですが打球感が変わっています 弾みを抑えたラケットで使いやすくなってますね 滑りにくく打球しやすいので、返球のしやすさはこのシリーズの特徴です カットではキレの良さがありますが、変化幅は抑え目ですね  変化は従来のものより出しやすくはなっていますが、粒を意識して倒す必要があります

異質での使用は打球がしやすく変化をつけやすいので、従来のものよりは幅が広がってますかね プラボールでも意外と変化の幅があります 少しだけ弾む様にもなっているので、この薄さとしては飛ばしやすくなりますね 強いクセ球が打てる様になる点は大きいです ブロック重視のプレースタイルよりも攻守のバランスと取り、チャンスボールを打っていくプレースタイル向けになってますね

大幅な性能向上 ではないですが、少しだけ使い勝手が良くなってますね 少しだけ弾性が上がり、少しだけ変化がつけやすくなってます カット用としてはキレがメインで変化はそれ程でないですが安定性が高く、使いやすいラバーという印象でした 異質用としては滑りにくい事や変化をつけやすくなった事、強い打球が打ちやすくなっている事など、攻撃的なプレーがやりやすくなっている印象ですね 従来のものより一回りスケールアップはしています プラボールの影響は無いとはいいませんが、変化幅やキレに関してはまずまず良好ですね 使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さで納得は出来るスペックでしたね