激しい変化と驚異の低弾性 「NEXY CHAOS」 0.5mm

韓国では一通りの卓球用具を展開している「NEXY」の粒高ラバー「CHAOS」です CHAOSというと「ANDRO」のテンション粒高が有名ですが、こちらのCHAOSはANDROの物とは対極の性能となっています

 

NEXY CHAOS (1)   NEXY CHAOS (4)

 

パッケージは紙製のものです 茶系で特徴的なデザインをしていますね このパッケージは「AIR」の初期のラバーたちに採用されていた物に似ています 薄いラバーのパッケージにしては豪華な仕様となっています

 

NEXY CHAOS (3)   NEXY CHAOS (2)

 

ラバーの質感は中国粒の様な感じで少し表面が白っぽいです 粒は中太で気持ち大きい位ですね ここ最近の粒と比較すると粒は硬めで、自力で倒すタイプの粒です 粒よりも特徴的なのはスポンジで、触ってみると紙の様に「ガサガサ」と音がしそうな妙な質感のスポンジですねえ これがかなり低弾性に貢献している印象です 貼りづらさ等はないので、通常の水溶性接着剤でも貼り付けは問題ありませんでした

 

軽く打ってみると反発がなく、「ホントに飛ばない」んですよねえ そのまま落下する程の低弾性です 粒に滑りが適度にあり、かなりクセのある粒でした 変化を出すには粒をしっかりと倒す必要がありますが、この硬さの影響で打球がしやすく、強打時に弾いてスピードが出せるので、主に攻撃で威力を発揮します 角度をしっかりと出して打球するとかなりのクセ球になりますね ショート系は合わせるだけだと飛ばないので、通常よりも強めに押し気味でレシーブする必要がありました

 

変化を出すのには粒を倒す必要があるのである程度の力が必要ですが、変化幅はかなり大きいです ボールが急速に沈んだりする上に低弾性で伸びてこないので、非常に受けづらいボールになります ブロックに関してはかなり安定します カット時での使用では変化・キレともにバランスは取れていましたが、前陣でのプッシュ等の方が非常にボールが変化していましたね 粒の倒れ方でかなり変化の幅があるので、予測のつかない変化がかなり出ている印象でした

普通に当てるだけではおそらく他の粒高の方が安定して変化しますが、この「CHAOS」は粒を自力で倒す事で驚異的な変化が出る粒高ですね アンチ粒に匹敵・・・とまでは行かないにしても「ノイバウアー」を思わせるようなクセ球が出る事もありました かなりクセのある粒高で使い勝手はいい方とは言えないんですが、慣れてくると様々な変化を組み合わせたトリッキーなプレーが可能です カットよりも異質の方が向いている粒ですね 非常によく止まるので、ブロックの安心感は相当な物でした 粒の性能をフルに出すには粒に慣れていないと難しいですが、使いこなせるとかなり面白い粒ですね