シリーズを踏襲「AIR SCIROCCO 25 SF」
 1.0mm イエロースポンジ

高弾性ラバーの様な打球感が特徴の微々粘着ラバー「SCIROCCO」シリーズですが、現在の最新版であるこのタイプも基本的にはシリーズを踏襲して、若干弾みを向上させたラバーとなっています

 

シロッコ 25 41° (1)  シロッコ 25 41° (3)

パッケージはロット毎により変わってきています この時点でのパッケージは黒をベースにしたシンプルながら明るいカラーを中心に配した、レコードのジャケットを思わせるようなパッケージとなっています

シロッコ 25 41°  シロッコ 25 41° (2)

スポンジの色は「イエロー」です シリーズものをそのまま踏襲した感じが強く、劇的な性能向上 という印象はないですね 若干弾みが増したかな? という程度です 弾性や打球感は同社のラバーである「イルミナ」と比較するとこちらの方が少し硬めでかっちりとした打球感です そのため食い込みが薄く、食い込ませる感覚はイルミナの1.0mmと比較するとあまりないですね 硬めの高弾性ラバーを薄くしたような打球感でした 厚さの割にスピードは出しやすく弾きやすいので、主に強打系がやりやすいラバーですね

微々粘着なため、シートでこすれないことも無いですが、イルミナに比べてかけづらいラバーですね スポンジに微妙な硬さがあるので食い込みが少なく、シートそのもので回転を書ける必要があります が それ程引っ掛かりの良いタイプのラバーではないので、ドライブは不向きです サーブ等はスポンジの硬さと極薄い粘着の効果で思いの外やりやすい印象でした 個人的にはもう少し粘着があっても良いかなという印象のラバーですね

バックで使用すると打球の際に当ってそのまま落ちてしまう事が多かったので主にフォアで使用しましたが、こちらの方がスマッシュを主体にすると安定感の出る印象です 弾道が直線的でクセのあるボールになるので、やりづらさはありますね 打球感が硬めなのでラケットとの組み合わせで好みは分かれますが、面白いラバーではあります もう少し回転性能と独特の球質が際立つとラバーの印象はもっと良くなりますねイルミナの1.0mmは厚さの割に食い込みもあり、回転がかけやすかったのでバック用としての使いやすさが特徴的でしたが、このラバーは硬めで薄い事もあり手に響くので、好みが分かれる印象です

 同じ「1.0mm」であれば、極めて回転性能の高い強粘着「サブマリン」が性能では上に感じますねえ SCIROCCOはハードヒット時のスピードでは上回りますが、「クセ球」ではサブマリンに譲ってしまうので、薄いラバーの特性を考えると少し厳しい印象ですね 悪いラバーではないんですが、他の薄いラバーと比較して特徴が出にくいラバーです 薄いラバーでスピードを確保したい場合や強粘着は硬すぎる場合などはこちらの方が使いやすいです 今後の改良次第で更なる進歩はありそうなラバーですが、欲を言うなら回転性能をもう少しアップするとスピードと回転のバランスが良くなるラバーでしたね