キレ重視 変化は薄い 「ニッタク ウォーレスト」 ゴクウス

ニッタク社の看板粒高「スクリュー」とはカラーの違う粒高「Wallest」(ウォーレスト)です キレと変化が大きい「スクリュー」に対して、「Wallest」はキレ重視の設計となっています

ウォーレスト  ウォーレスト (3)

パッケージは黒をベースに赤い光状の物が横切るシンプルな物となっています 粒高ラバーといえども、昨今は価格上昇の波にある中で低価格に抑えてあるのはありがたいですね  ラバー自体は変化よりもキレと安定性を重視し、使いやすさと性能がバランスが良い意味で反比例していますね

ウォーレスト (1)  ウォーレスト (2)

粒は小さめで間隔がやや離れています 軽く押すと倒れますが、戻る力が倒れ方に対して強い印象を受けますね 粒が切れやすそうな脆さはあまり感じません スポンジはこの薄さの割には弾力がありしっかりとした打球感のあるスポンジで、押すとしっかりと押し返します このスポンジの効果で厚さの割に飛ばしやすく、高い安定性を持っている粒高でしたね

カット用としてみるとキレがとにかく良く、ボールが失速して回転が良くかかる粒高ですね 変化性能はボールが揺れるような大きな変化は皆無で変化に関する脅威は感じられませんが、キレに特徴があるので切れるカットを安定して送れるラバーです カット打ちの練習にはうってつけですね 変化が少なく切れる回転の質にもクセがあまりないので、慣れられやすい粒ですが粒の切り方が分かりやすい粒高という印象でした スポンジも良いので、力加減がつけやすい事もグッドですね

前陣の異質プレーで使用する場合はすべりの少ないので「打球」に関してはかなりやりやすい印象でした 弾くと直線的に飛び、スピードも出るので、前陣でブロック主体のプレーよりは打っていく方に向いているラバーですね キレが良いのでカットショート等にも威力を発揮します 前で止める際には厚さの割に弾み、ボールが伸びるので距離感の修正は必要ですが気になるレベルでのシビアさは無いですね 前陣でも使いやすいラバーです

同社のスクリューと比較するとこちらの方が非常に安定するラバーです スクリューは変化幅とキレ、どちらも大きい反面、粒高として扱いの難しい部類のラバーで粒に慣れたユーザー向けですが、このラバーはキレに関しては非常に強く、そこに安定性をプラスしています 初めて粒を使う方が粒の使い方や切り方を覚えるには非常に良い粒高です 粒の耐久性も良く簡単に取れる事がないのは、コスト面を考えると非常に良いですね 意外と弾みが良く、これに関してはスクリューより打ちやすかったです 粒高でカットショートやカットでの「キレ」と強い打球による攻撃を考える場合はこちらの方が適している印象はありましたね 揺れるボールを求める場合はスクリューがお勧めです Wallestはカット打ちや粒になれる場合の使い方にお勧めですね 感覚が掴みやすいので、「粒とはどういうものか」という特性が分かりやすいラバーでした 使い勝手の良い いい粒高ですね