粒高に仕様変更 スピードとキレが特徴 「air classique」

変化系表から「粒高」へと大きく使用が変更された「classique」です 粒高へと変わっていますので、別のラバーとはなっていますが「変化」「スピード」は粒高ラバーながら、高いスペックを有しています

 

 

 

クラシック(粒高)OX (2)  クラシック(粒高)OX (3)

白地のキャンパスに絵の具をまいたようなアートなパッケージです 明るいデザインでヨーロッパテイストな印象を受けます 今回は「OX」を使用していますが、OXの中では弾みが良く、打球のしやすい粒高ラバーになっていますね

クラシック(粒高)OX  クラシック(粒高)OX (1)

粒は少し細めですが少し硬さがあり、打球時にも倒れにくい為安定させやすいですね 切る時に硬すぎて倒しづらい事もないので、適度に硬さがある印象です ロゴが少し大きいので、貼り付ける際には注意が必要です(特にシェークは管理番号や文字のバランスに気を使う必要があります) 質感は中国系粒高に多いややペラッとした薄めのゴム質で貼付が難しいので、チャックシートなどで貼る方が貼りやすいですね

粒高としては滑りがあまり無く非常に打ちやすいので、安定感のある粒高です 安定感があると「変化幅」が抑えてコントロール性を高めたりしている物が多いですが、「classique」に関しては攻撃的な打球や粒高としての変化のバランスがかなり良い印象を受けます 通常では緩やかに飛ぶタイプの粒ではなく、スーッと飛ぶ球筋ではありますが、粒を倒すようにして返球をすると大きく揺れるボールが出る為、打球とクセ球を意図的に出しやすいラバーですね 滑らない上にOXの中では弾みも良いので、スピードが出ます

また、タイトルの通り「キレ」に関してはかなり性能は高い印象でした カットショート等「粒を倒して相手の回転を利用する」プレーに対しては粒がしっかりと捉えてから倒せるので、切っている感覚が強く、球筋にもよく現れます 変化とキレを意図的にコントロールできるので、使い込む程、ラバーの特性を出しやすくなってきますね ネックとしては「OX」ながら良く弾むので「ブロック」等の際にボールが伸びすぎてしまう事でしょうか 距離が出るので、守備を主体にする場合は組み合わせによっては影響が出ます

カットで使用する場合は変化以上に「キレ」の良さが特徴的でした ボールが低く直線的な球筋になるので、ボールが上げづらい事が印象的でした 「使いやすく、特に切りやすい」との事ですね 変化は異質プレーに比べてカットではおとなしく見えますが、抑え目ながらも変化はまずまずしていました カットの際は「キレ」を活かしたプレーに向いている印象ですね

スピードの良く出る粒高なので、ブロック主体よりは打っていく方が向いている印象でした 非常に良く弾む上にキレと変化があるので、変化系表の時以上に使い勝手が良くなっていますね 変化系表の時はスピード変化は際立っていましたが、同時に弾みが良い為にコントロールが難しくなっていました 粒高で表とは違うラバーになりましたが、滑らずに打てることに加え、変化とスピードがあるので攻撃的な粒高としてはかなりスペックが高い印象でしたね OXにしては良く弾むので、守備時に修正は必要になりますが総じてスペックが高いラバーでした 仕様変更をして成功していますね

粒高
tti-labo.com