攻撃性が強い 「SWORD SCYLLA」 OX

中国国内では比較的大きなメーカーである「SWORD」社の粒高「SCYLLA」です 中国国内のアマチュアチャンピオンが使用する等、実績のある粒高のようですね 共同開発のラケットもあるようですし、アマチュアながらかなり実績のある方のようです 「変化」を重視する粒高が多い中、この「SCYLLA」は「攻撃」に重視のおかれている粒高です

 

DSCF2703.jpg   DSCF2704.jpg

 

鮮やかな青が映えるパッケージです 表片面用の裏面にシート替わりとして貼りました そのためOXを使用です 中国ラバーで粒高は数がかなり少ないのでどのような性能か この時点では全くの未知数でした 国内の流通している物と比較するとラバーがペラペラで、この辺に少し驚きましたね 貼った後も板が見えるくらい薄いです

DSCF2705.jpg   DSCF2709.jpg

 

このように非常に薄いです 粒はやや太く硬めで密集気味ですね 粒が硬く打球時に倒れる感覚がないため、かなり打球が安定します 反面、変化が出しづらく、通常の「一枚ラバー」のような弾道をしていますね  粒高のOXだともっと弾性が低く、飛ばすのに一苦労するのですが、このラバーだとフツーに弾く事が出来るため、打ちやすさでは粒高の中ではかなりやりやすかったです 滑りも少ないですし、しっかりブロックする というよりは チャンス時に積極的に打っていくタイプの粒高ですね

通常の粒高よりは弾みが良いので、回転のかかったボールを受けた際にオーバーしてしまう、ということが結構ありました OXでこの弾みは驚きでしたね この「弾み」が攻撃ではかなり良い方へと働くわけですが、ブロック時は通常より弾むため、修正が必要となってきます 速いボールにたいしてブロックすると、低く直線的なボールが鋭く飛んでくるため、処理のしづらいボールにはなります ただしボールがゆれたり沈んだり、などの「粒高らしい変化」というのはあまり感じられませんでしたね

粒高の中でも攻撃力のかなり高いラバーですね 個人的は滑りが少ないため、バシバシ打っていけるのは非常によかったですね 威力のあるボールが打てますし処理もしづらいので、積極的に打っていった方がこのラバーの特性が活きる感じがしました ブロック等、守備系の技術は従来の粒より跳ねるため、距離や角度の修正は必須ですね  一応カットも試しましたが、変化・キレ共に没個性な感じでしたねえ これは前で使う方がいいようです 粒高とは思えないスピード感のあるボールはすごかったですね