変化重視から安定重視へ「air UPUPUPUP US」 OX

「illumina」で良くも悪くも知名度を上げた「air」から登場している粒高「UPUPUPUP」ですが、このラバーにも数種類の物があります この「US」は変化重視に設計されていた「UX」と比較して安定性に重点を置いて設計されているようです そのため「feint long」系が比較対象にされています

 

DSCF2969.jpg   DSCF2970.jpg

 

パッケージはシリーズ共通で背面にある印でラバーのタイプを判別します このメーカーのラバーはホント、めんどくさいですねー パッケージは紙製の厚い物です

DSCF2967.jpg   DSCF2968.jpg

 

今回もまたまたやっちまいました(;´Д`A “` ロゴがホントに「デカイ」です そのためペンでグリップから離す以外はほぼロゴが切れてしまいます 「UX」と粒を比較すると「US」は粒が小さくやや低くなっている印象を受けます 硬さはやや硬めで、軽い力で倒れる感じではないですね

UXとは大きく性能が事なり少々ビックリしました 同じ名前のラバーなのにここまで変わるのかと思いましたね 使いやすいので、ステップアップ用としてはいいのかもしれません  カットでの使用では特に顕著で「確実に返球できるが、思ったようなキレや変化がだしにくい」とのことでした 粒を倒しても思ったようなボールが出ないみたいです やはりUXと比較すると没個性な感は否めないようですねー 打っている方としても打ちづらいというのはあまりありませんでしたし、これは少々厳しいですね

「feint long」系と比較されるだけあって、カットやブロック等かなり使いやすくなってます 変化やキレが抑え目ですがその分返球しやすくなっており、「UX」 に合った独特のクセや滑りは軽減されている感じですね 反面、クセのあるボールが出にくく、打たれやすいのがネックですねえ 安定性を重視する方にはおス スメです もう少し高いレベルで安定感があるといいんですが・・・・・ 使いやすさが一番の特徴ですかね