強力なキレ       とニオイ・・・・・・・
「巨龍 dragon taron」 0.9mm

巨龍は粒高は数種類ラインナップされており、今回は「dragon taron」のノーマルバージョンになります 「dragon taron special」が他にも存在しており、粒高を豊富に展開しようとしているようです

 

D-TARON.jpg   D-TARON (3)

 

「龍のツメ」という名前の通りのデザインです 前面に大きく描かれています このパッケージも珍しい「ブリスターパッケージ」仕様となってますね このラバー、タイトルの通り開封すると「強烈なニオイ」があたりに立ちこめますΣ(゚д゚;) かなり「揮発油系」の匂いなので思わず「グルー」を連想しました かなり強力なニオイです

 

D-TARON (2)   D-TARON (1)

 

粒は若干太めで柔らかめの設計です 0.9mmの厚さながら弾みは比較的抑え目でコントロールのやりやすいラバーのようです 最初、弾みの抑え目なカット用ラケット(DONIC デフプレイセンゾー)での使用でしたが、カット後に距離が出ずに「もう少し弾みが欲しい」との事でした その後弾むカットラケット(NITTAKU ビオンセロ)での使用で、下がり目でも距離が出るようになり使い勝手が良くなったようでした

 

粒が軟らかめなのでカット時に粒が倒しやすいらしく、また「切った感覚」が手によく伝わるとの事です また、スポンジ自体もソフトなので打球感は柔らかくボールをつかむ粒高、との事でした 実際に受けてみるとこの粒高は変化幅より「キレ」の印象の方がありますね とにかくよく切れます カットしたあとに良く失速して短く返球されるので、カット打ちはやりづらいボールがよく飛んできていました 変化幅は若干抑え目ですが、これだけのキレがあれば少なめの変化幅でも十分活きる感じですね

 

「切る」プレーに関しては抜群なので、異質プレーヤーにはいいんじゃないかなあと思います 短く低く返球できるので、ブツ切りショートやブロックはかなりの安定性を発揮します 弾みが抑えられるので強打にスピードが出ない分、攻撃には不向きかな という印象でした 全体的な感想としては「非常によく切れる そして失速するので、ブツ切りカットが活きる ただ弾みが弱いので、ラケットで調整する必要がある」との事でした 守備よりの粒高なのでブロック&カットのような守備系の技術が非常に活きる粒高です 使いやすくて切れるのでおススメですよ(・ω・)b