DF仕様となり掴みがアップ シートは硬め
「XIOM VEGA ASIA DF」

コストパフォーマンスに優れるドイツテンションラバー「VEGA(ヴェガ)」シリーズにも、OMEGA TOUR V等に採用された技術「DYNAMIC FRICTION」を投入したラバーがラインナップされています スポンジは42.5°と従来のVEGA ASIAと比較するとソフトになっていますが、シートは硬めで直線的な弾道と引っかかりの良さが特徴となっています

    

パッケージは従来の物と同じですが、DYNAMIC FRICTIONを示すシールが貼られているのがDFバージョンですね スポンジ硬度は従来のVEGA ASIAが47.5°に対し、42.5°と大幅なスポンジ調整がされている点が特徴です 打球感はシートの影響で極端な軟らかさにはなっておらず、軽い打球ではシートが良く弾き、強い打球で確実に掴ませる事が可能な硬さですね 上手くバランスを取っている印象ですね

    

ロゴに小さく「DF」の文字が入っているので、シートでの判別は可能となってます ですが見た目や質感等で明らかな差異 というのは皆無ですね 打球感やグリップ力の向上で違いが出ているラバーです 従来のVEGA ASIAと比較すると、スポンジ硬度が軟らかくなっていますが、軟らかすぎる打球感や食い込みが強くなり過ぎる といった特有のネックは無いですね シートに硬さがあるので薄く擦って回転をかけるタイプではなく、強く打球して引っ掛けるタイプのラバーです スポンジ硬度をかなりソフトにしている割には弾きの良さと飛び出しがあり、弾道は直線が強い傾向ですね やや球離れが早いです シートが少し硬いので、スポンジ硬度程の軟らかさは無く、強い打球時にはグッと掴んで弾きだして行くラバーです

回転性能は際立ったものではないですが、DFに備わったグリップ力の高さは良い方に作用し、向上させている印象です 強く打球した際に硬いシート×硬いスポンジの場合では確実に掴ませるにはパワーが必要となってきますが、VEGA ASIA DFではスポンジがソフトなので、強いインパクト時にスポンジに食い込ませるパワーが要求されないのは大きいですね プラスチックボール時でも使い易さを重視しつつも威力面とバランスを上手く取っているラバーです 回転のかけ易さや弧線弾道を重視する場合には同じくDF版が登場している、VEGA EURO DFの方が良いです

スペック的にはスピードタイプで直線的な弾道という特徴がはっきりしているラバーですが、シートの引っ掛かりが良いので回転のかけ易さのあるラバーとなってますね VEGA ASIAと比較して僅かにコストがアップしているものの、その差は僅かで気になる程の価格差ではないです より回転のかけ易さや弧線弾道、安定性を重視するにはシートの硬さや弾きのあるので、VEGA EURO等の方が適しています ハードヒッターテイストのラバーとしては使い易く、サーブや台上で弾きや飛び出しが強いので扱いが難しい というのは無いですね この価格帯に位置しているラバーとしてはコストパフォーマンスは抜群に良いものとなってます VEGA ASIAからの移行や、よりハードヒッター向けのラバーの移行の前に使用するには良いラバーですね 移行がスムーズに行える印象です





トップへ戻る