金属音がすさまじい
「DONIC DESTO F-3」 2.0mm

ドイツメーカーとしては老舗である「DONIC」のミドルクラステンションラバー「DESTO」(デスト)です その中でもソフトな「F3 」です 非常に高い金属音が特徴で、その音は体育館中にこだまするほどです 同社の「BIGSLAM」シリーズ以外ではかなり音がなるラバーですね

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~  自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

赤を基調としたスタイリッシュなパッケージですね。背面は契約選手が載ってます。

今回使用したのは「DESTO」シリーズでもスポンジの柔らかいタイプの「F-3」です。これより柔らかい「DESTO」は「ビッグスラム」ですね。 スポンジはかなり柔らかいです。打球時にボールがものすごく食い込むのがわかります 強めに弾いた時の「パキーン」というあの独特なサウンドが周辺に響きます

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

ラバー購入時に一緒に入っているラバー保護のシートです。 こういった配慮はうれしいですね

回転重視の設計のようですが、日本製の同じようなテンションに比べるとやや回転は落ちるような気がします。 ラバー重量は軽く、両面に厚いラバーを貼っても重さは問題ありませんでした。

 

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

しっとりとしたつやのあるシートです ドイツ系のラバーでもサウンド系に近いラバー(ほぼサウンド系)で、打球時の潰れがかなりある為、ラケットとの組み合わせが重要になってきます ラバーのソフトさを考慮して球離れの速いラケットの方がテンションのスピードを活かしやすい印象です しなるタイプやソフトなタイプのラケットでは球を持ちすぎてしまい、スピードが出しづらくなってしまう印象がありましたね 球離れは早めですが食い込みが強すぎるので当てるだけで飛ぶラバーとは違い、掴んだあとの飛び出しの速さが特徴的でした 球離れと初速はあるんですが、食い込みの影響で弾みの割に扱いやすいラバーですね

フォアで使うには柔らかすぎるので、やはりバック用がメインとなるラバーです 引っ掛かりがいいので回転がかけやすく、食い込みの良さも手伝って、安定性はかなり高いラバーですね テンションなのでスピードもまずまずでますが、ラケット次第でスピードが厳しくなってしまう印象は否めないです 木材系でもハードなタイプで弾き飛ばせるラケットの方がドライブ・強打のバランスが取りやすくなりますね 初速は良い方ですが失速も早いので下がった状態では飛距離の面で厳しい印象がありました

最大の特徴はやはり「音」ですかね とにかくキンキン音が鳴るラバーです 打球感は相当ソフトで潰れすぎるくらいにスポンジに食い込むので「ボールを掴む感覚」がわかりやすいラバーでしたね テンションを初めて使う場合にはいいラバーです スポンジが柔らかすぎることや球質が軽い等、実戦的なラバーではないですが、打球感と音は爽快で打っていて楽しいです 寿命がやや早めですがコストパフォーマンスがいいラバーなので、手軽に試しやすいラバーですね
※ 2012 07 加筆・修正