高弾性の様な質感・弾み「CHAMPION HEXA」

総合スポーツブランドとして認知度の高い韓国のメーカー「CHAMPION」にも卓球用具が存在しています 2012年4月現在のITTFリストでは10数種類登録されており、すべて裏ソフトです 他、ラケット等もあり、卓球に関しても幅広く用具を取りそろえているようです

 

HEXA (1)   HEXA (2)

パッケージはシンプルながら洗練されたものとなっています ラバーが小さく、ブレードの大きいラケットに貼るのは少し難しいですね ラバー自体も奇をてらったり、先端の技術を使用しているような感じはなく、スタンダードな高弾性の様なラバー という印象が強いです

HEXA (4)   HEXA (3)

ラバー自体の質感は日本製のような感じです ツヤがあまりなく、サラリとしたシートです 弾みは国内の一般的な高弾性ラバーよりこちらの方が少し弾むかな という印象で、テンション等のラバーと比較すると弾みはおとなしい方ですね 打球感は気持ち硬めで弾きのよい印象を受けました スポンジはそれほど硬くないので、強い打球時にはしっかりとスポンジに食い込ませて打球できます

 

引っかかりは強い方ではないですがあり、食い込ませる打ち方・擦る打ち方 どちらもこなせるラバーです 国内の高弾性の代表格「スレイバー」と比較すると、こちらの方がマイルドな打球感で、「マークV」と比較すると、こちらの方が引っかかりが弱い印象ですね 比較で挙げた2枚と違う所は「弾み」でしょうか こちらの方が弾みが若干ですが良い印象を受けましたね

 

フォア用としては若干力不足な感がありましたが、バックでは安定性がかなりあり、ドライブ・ハーフボレー等、弾く技術・回転をかける技術が安定している印象です 硬すぎないので、ラケットをあまり選ばず、合わせやすいラバーですね シートの割に滑りがないので、台上でのプレーもそつなくこなせます シートにもう少し引っかかりがあると、回転をかける小技がやりやすかったですねえ 回転性能はそこそこなので、高い回転性能を求めるより、安定した回転性能を求めるタイプのラバーですね スピードは高弾性としてみると「出る方」ではないでしょうか テンション系の様な弾み方はしないので、総じて「使いやすい」という印象ですね

 

ハイスペックではないですが、安定性は抜群に良いラバーですね 中国ラバーの様な品質のばらつきも少ないですし、日本製のラバーといわれるとパッと見、わからない位の質感をしていました このラバーを進化させると「AC」とか「HE」とかのテンションではない形で弾みを向上させたタイプのラバーになるのかな という印象ですね 回転性能がもうすこしあるとなあ 打球感やスピード性能はなかなか良いので、スピードの出る素材系ラケットで底上げできると、更に攻撃性が出るラバーですね  特徴は少ないですが「失敗の少ないラバー」でしたね いいラバーですよ