クセがなく回転がかけやすい 「TSP サミット」 厚

安価の割に性能や使い勝手の良いアイテムが多数ラインナップされている「TSP」の粘着ラバー「サミット」です 中国メーカーの粘着ラバーと比べると、クセがなく、扱いやすい粘着ラバーとなってます

 

サミット (2)   サミット (3)

パッケージは晴天をイメージしたのでしょうか シンプルですが、特徴的なパッケージとなっています 漢字の「頂天」という文字が、更に印象深い物にしていますね ラバーは粘着ですが、中国メーカーほどの強力な粘着ではなく、やや強めかな という程度の粘着ですね

サミット (4)   サミット (1)

シートやロゴはかなりシンプルに作られています 粒の配列が横目でこれはたびたび粘着ラバーには見受けられる印象ですね 「ハードスポンジ搭載」と書かれていますが、中国ラバーほどの硬さはなく、むしろソフトな印象を受けた位でしたね 打球時にカッチリとした打球感ではなく、手元で操作しやすい食い込みがありました 粘着ラバーとしてみるとかなりソフトに感じます 弾みは粘着系らしくそれほど弾む物ではないですね 厚さもありますが、かなり弾みはおとなしい印象です

中国ラバーと比較すると、こちらの方が安定して強い回転をかける事が出来る印象でした 紅双喜等の粘着に比べると、こちらの方が同じスイングでも食い込むので、回転がかけやすいラバーです 反面「クセ球」が粘着にしてはあまりなく、回転はかかるんですが「素直な球質」という印象でしたね スピードはラバーの性質上、かなり厳しいです ハードヒットした際に食い込んでしまうのも、粘着にしてはやりづらさがありましたねえ 中国メーカーの粘着のようなズッシリとしたラバーではないので、扱いやすいのは大きいんですが・・・・ スマッシュで威力が出せないのは痛かったですね

 

粘着なのですが、頂点前の打球がこのラバーは少しやりづらい印象がありました 特に頂点前で擦るドライブの際にスポンジがボールを持ってしまう為、遅れて飛び出す分ボールがオーバーしてしまう事が多かったです ループ系や食い込ませる回転は非常にかかるんですけどねえ この辺が中国メーカーとは大きく異なる印象でしたね シートだけで回転をかけようとすると思ったほどの引っかかりがないので、食い込ませて回転をかける方がこのラバーには向いている印象でした 薄い当て方に不向きな印象がありましたね

 

カットでは非常に安定します 厚さもありますが、ボールが失速して低いボールで滑空するので、持ち上げるのに苦労しましたね ラバー自体の弾性がそれほどないので、「特厚でも十分ボールを抑える事が可能」 との事でした 今回は弾む特殊素材系カットラケット(andro ファイバーコンプ)での使用にもかかわらず「弾みが足らない」との事なので、攻撃で使う場合には飛ぶラケットは必須ですね 「カットはかなり抑えてボールコントロールできるので、攻撃のバランスも考えるなら少し前でカットしないと、中陣からでは飛ばしにくい」との事です 中陣に下がった際は回転をうまく使って自分のペースに持っていく必要があるようですね

 

日本のメーカーの粘着なので、中国メーカーの粘着に比べるとクセ球がない分、扱いやすさと回転が安定しています 早い打点で打つ際には妙な食い込みが邪魔してやりづらかったですが、ループやツッツキ・サーブ・カット等の「回転をかける」事には抜群に威力を発揮します 特にカットは安定性がありコントロール性が弾むラケットでも高い為、フォアカットが弾みすぎて使いづらい方にはおススメ出来るラバーですね スピードはさすがに厳しいので、回転を主体にするプレーに向いているラバーです 中国メーカーの粘着に比べると軽い力でも回転がかかるので、これが大きな違いでしたね カットに安定感が出る 「やさしい粘着ラバー」 という感じでした