圧倒的回転性能 「バタフライ テナジー05」

説明不要のラバー「テナジー」から特に使用者が多いのではないでしょうか 回転のかけやすい「05」です このラバーについては多数の実績が証明しており、今後も更に実績を積み重ねていくラバーですね

 

05 (2)   05 (3)

 


パッケージについては「05」は黒系で統一ですね(FXも同じ) このラバーは相当高額なラバーですが、売れまくっているので、大体意見は出尽くしている印象ですが・・・・・ ラバーの性能は「05」にはシートに強い引っかかりがあり、回転をかける際にものすごくシートがグリップする感じでしょうか グッとラバーが掴んでくれるので、通常の物より非常に回転がかけやすく、回転も抜群にかかります

 

05 (4)   05 (1)

 

シートはシリーズ共通でしっとりした印象を受けますが、ドイツ系とは違う「日本製」独特の質感ですね 文句なしの品質の高さです 強い回転が印象に強烈に残る同ラバーですが、更に驚くのがシリーズ共通の「スプリングスポンジ」ですかね シートは劣化してもこのスポンジはかなり長い期間弾みが落ちないので、驚異的を通り越しますね ただただ「スゴイ」の一言に尽きます

 

とにかく「回転がかけやすい」ラバーで、どんな打ち方をしても「回転がかかってしまう」印象が強いですね  弾みも申し分なく、「ZL」系等の弾む特殊素材と組み合わせた場合はもう最高クラスのスピード性能も確保できますね ドライブが相当伸びるのでオーバー連発は御愛嬌 というところでしょうかね 受ける際には非常にボールが伸びるので、詰まる事が多々ありました 下がり目で挽回できる驚異的な回転とスピードを維持できるラバーですね グッと掴むシートが台上プレーを安定させますが、弾性がかなりあるので、ちょっとしたコントロールミスがすぐオーバーに繋がります 普通にドライブ打つだけなら楽しくて仕方ないラバーですね 誰が打っても1ランク上の球質になるので、「自分で打っている感覚」が薄くなっている印象も若干ありました 用具でかなりボールの質が底上げされる印象 といった感じでしょうか ここまでくると既存のラバーにはない「恐るべき性能」 としか言いようがないですね 軽いタッチで、なでるように打つだけでもスゴイボールが飛んでいくので、「勘違い」してしまいます

 

今回使用したラケットは「ダーカー スピード90 10mm」でしたが、個人的にはもう少し「硬さ」が欲しいかな という印象でした 下がって軽く振って もボールの飛び出しがものすごいので、ペンドラの大きなラリーに威力を発揮します 一発で打ち抜く事が魅力なペンドラにおいて、この組み合わせはまさしく 「一発で打ち抜く」事を可能にします 弾性がとても強いので扱いが非常に難しいですが、打球感と威力は非常に素晴らしいです

 

回転が非常にかかるので、相手のブロックを弾き飛ばす程の重いボールは納得ですねコレ 中国ラバーのようなクセ球ではないんですが、回転が非常にかかったボールが当たり前の様に飛んでくるのは正直、処理に骨が折れます(゚ロ゚;) 前で打つのは「64」程のやりづらさはなかったですが、グッと掴んで飛ぶので、距離の調整がかなり難しい印象がありましたねえ この手のラバーの中では扱いやすさと高性能のバランスが高いレベルで保たれています シートの引っかかりがこれまた抜群なので、ドライブだけにとどまらず、サーブ・ツッツキの「回転をかける」という事に関してはもう言う事なしです 注意する事は「距離の調整」だけですかね バランス型の中では極めて優れているラバーです 特厚は前陣で扱うにはかなりのテクニックが要求されるので、前で使う場合はラケットや厚さで、弾みを調整する必要があります 性能はものすごいですが、「超高性能」さ故に「用具に振り回される」事もあるので、使用する際には厚さ・ラケットの組み合わせを十分考えてから使用する事をお勧めします ラバー一枚で確実に「すべてが変わる」 恐るべきラバーです




トップへ戻る