高速変化系 「巨龍 8228A FC」

新進の中国メーカー「巨龍」から登場している「8228A」にテンションスポンジを搭載したバージョン「8228A FC」です。 「FC」とは「ファーストクラス」の意味で、弾みが一クラス上のラバーですね 通常の変化系よりスピードの出るラバーです

 

DSCF2416.jpg  DSCF2418.jpg

 

ノーマルが「赤」の派手目なパッケージに対してこの「FC」は「青」の鮮やかなパッケージとなっています ノーマルと比較すると弾性が飛躍的にアップしており、変化系にしてはかなりのスピード性能を有しています 球離れもよく、変化しながらも高速スマッシュが可能なラバーです

 

DSCF2413.jpg   DSCF2415.jpg

 

ノーマルは「オレンジ」のスポンジですが、FCは「ピンク」のスポンジが特徴のひとつです ノーマルが中国ラバーらしいカチカチのスポンジに対して、FCはやや弾力のあるスポンジですね あまり柔らかくはないです。 気持ち柔らかい、という感じですね。 ノーマルは打球すると食い込まずに硬い打球感ですが、FCは適度に弾くため、同じラバーでも打球感が劇的に違います シートは共通のため、すべりは健在ですね ですが反発力があるため、こちらのほうが使いやすい印象を受けます回転性能、これはシートが共通なためノーマル同様に「この手のラバーにしてはかかる」感じですかね ものすごく回転のかかるラバーではないです

すべる割には不思議なラバーですねえ ノーマルのようなクセがFCでは感じられないので、使いやすさならこちらのほうが上ですね 「ボールを止める」ということに関してはノーマルのほうが上でしょうか ショート時に変化を入れるとかなりボールが変化するので、この辺は「変化系」らしいラバーです 特にFCはスピードもでるため、受けるほうにはかなり嫌なボールが行きますねノーマルは弾みが抑え目でかなりクセのあるラバーですが、FCはその「クセ」が軽減され、スピードが向上しているラバーです。

「変化と安定」ならノーマル 「スピードと変化のバランスをとる」ならFCですね 片面では使用は難しいので、異質で組み合わせる方がベターですね ノーマルは弾きにくかったので「バック用」な感じがしていましたが、FCは弾いてスピードが出るため、フォアでも使えそうな感じですね ボールが変化しながら飛んでくるのでかなりクセ球を活かしたプレーができます。 ノーマルではスピードが物足りない方がこちらのほうがいいと思います ノーマルはブロックなどには抜群の安定感を見せるんですけどねえ 打っていくにはクセが強すぎて好みの分かれる感じですね