脅威の回転系表ソフト KOKUTAKU 「119」

海外でも「KOKUTAKU」は用具を展開しており、「DARKER」同様に「檜ラケット」が高額で販売されています このラバーは中国メーカーの「TUTTLE」との共同で開発されているラバーのようですね テンションらしい弾みと回転が特徴的な表ソフトです

 

青を基調としたなかなか未来感あふれるパッケージです
ラバーを出すとこのラバーの特徴とも言える独特な「におい」があたりを漂います。 ちょっと表現しにくいなぁ・・・通常の中国ラバーより明らかにくさいですね・・・( ̄_ ̄ i) ラバー第一印象は「臭い」でしたもん・・・・ 見た目の特徴としてはテンションらしく、かなり反ってました

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

 

粒の配列は横目で、粒の太さは中太くらいですかね。ラバー名がやや広めでブレードの小さいラケットにはちょっと不利ですね。写真だとわかりづらいですが、粒に布目があまりなく、回転系の表ソフトにしては珍しいですねぇ、これで強烈な回転かかるので意外な印象でした 打球感はソフトで弾みは中国製表ソフトの中ではかなりある方です 滑りが少なく、中国製表の中ではあまり癖を感じさせないラバーです

球離れはそれほど早い方ではないですが、テンションということもありやや早めですかね ドイツテンションのような当てるだけで飛んでいってしまうほどの弾みではないので、扱いづらい印象はないです 特筆すべきはタイトルにも書いた「驚異の回転性能」で こちらの方が印象として強烈に残っています 回転をかける際に飛び出さないので、回転がかけやすいラバーです

スポンジが「日本製」ということもあり、中国系表の中では扱いやすく、同時に中国表の恩恵も獲得できるラバーでした 変化性能はまずまずでしたが、特筆に値する回転性能がそれを上回っていましたね スピードはテンションなのでまずまず出ますし、総じてバランスの良い表ソフトでした 「TUTTLE」スポンジよりも弾みはいいので、ソフトで飛ばせる中国表ですね 品質的にはそこそこです ここ最近ではここまで回転がかかる表ソフトは珍しいですね いい表ソフトです