回転に特化 食い込みが良くかけやすい
「TSP スーパースピンピップス」

90年代後半から度重なるルール改正により、仕様変更を余儀なくされているラバー「SPIN PIPS」を現行ルールに対応したバージョンとして登場した「SUPER SPIN PIPS」(スーパースピンピップス)です 旧タイプと比較して「中国ラバー」のような質感は無くなっていますが、名前の由来でもある「回転」性能はそのままに使いやすさや打球感の良さ特長となっています

Sスピンピップス  Sスピンピップス (2)

パッケージは旧SPIN PIPSと比べると淡いカラーで華やかなデザインとなっています 非常におしゃれですね 硬度がメーカー表記で「35±3」となっていますが、スポンジはかなりソフトで弾力のある印象ですね 押すと食い込みがよく、戻る力がやや弱めです そのため弾性は非テンション中でもおとなしく感じ、飛ばす際に表ソフトの「弾く」打ち方では距離が足りずにネットにかかることが多いので、「押し込む」用にして打球する事で距離を補う必要がありますね メーカー公表の性能より、弾性は弱い印象でした

Sスピンピップス (3)  Sスピンピップス (1)

ルール変更により粒の高さの変更を余儀なくされた為、少し高くなっています 粒の形状は台形の土台の部分が中国ラバーのように少し大きめで、ラバーが接触する面は回転系にしては少し小粒な印象です 間隔はやや離れており、詰まり気味の多い回転系とは少し異なる設計をしています 布目もそれ程強くは無いですね 旧タイプと比べるとスポンジもソフトになっていますから、全く別なラバー という印象です

打球した際に食い込みが良く、球離れはあまり良いラバーではないので、飛ばしにくさがかなり印象として強かったですね しっかりとボールを持つので、表にはあまりない球持ちの良さがありました  ハードヒットした際に掴みすぎてボールが飛んでいかないので、前述していますが距離が出しにくいラバーです 下がってしまうと致命的ですね 非テンション表ソフトラバー全体で見ても特に出しにくいです ラバーの特性としては打ち抜くような速攻スタイルは難しいですね 回転をうまく使った前陣攻守でバランスを取る様なプレー向けです

スピードに関しては相当厳しいラバーですが、名前の通り「回転性能」は抜群です シートの少しある布目と軟らかいスポンジの組み合わせが良く、回転のかけやすさはこのラバーの最大の特徴ですね 旧タイプは非常に回転がかかりますが、好みが分かれるラバーでしたが、「SUPER SPIN PIPS」はクセが少なく、使いやすさが備わっていますね その為、ドライブの様な回転を使うプレーは接触時間が長く、しっかりとスポンジでボールを掴む上に擦る事が可能なので、安定性と回転が非常にグッドです 弾道も同社のスペクトルと比較すると直線よりは少し弧線が入るので、オーバーするような事は少なくなります もう少し弾みが良ければ・・・・と本当に感じましたね

この様なラバーなので「ナックル」が出ないのか というと結構出る印象がありましたね 特にショートや角度打ちでの強打の際にはボールを落球する事が多く見られました ナックルの質は意外に良好のようですね 弾性がおとなしくコントロールは抜群にやりやすいので、変化を加えるショートや台上等の細かなプレーには安心して使用できますね ボールスピードに目を瞑れば、総じてバランスが良いラバーと言う印象でした

非テンションの中では非常に弾性が弱く、打ち抜くにはかなり厳しいラバーですが、回転量を活かしたプレーや変化ショート・カウンター 台上等、前陣オンリーであればバランスの良いラバーです 下げられてしまうと距離も出ず、スピードが出ないので対応は難しいですね 裏面等で対応する必要があります 回転はかなりかかるラバーなので攻撃時にドライブを多用できるのは大きいです 角度打ちで弾き飛ばすのが難しいので、グイッと押し込むようにして打球するとスピードは出ませんが安定性が高まります 攻撃的には行きづらいラバーですが、回転に加えて変化も適度に備えているので、ブロック等が得意な方にはお勧めできるラバーですね 回転系の中でもかなり安定志向ですから、手数とコース取り+回転 という位置づけのラバーです カット仕様であるチョップスポンジがカットをする際に苦手な場合は「薄」まであるこのラバーで代用すると適度な軟らかさもあり、使い勝手は良くなります 少しおとなしくなった同ラバーですが、使いやすく万人受けになったラバーに変わっている印象でしたね