真空パッケージで再登場 「AIR PANAMERA」

新進の中国メーカーである「AIR」のラバーは登場時期によってまったくの別物になってしまったりするなど、かなり継続使用が難しいメーカーです この「PANAMERA」も前に使用した物に比べてかなり性質が変わっています

 

DSCF3063.jpg   DSCF3067.jpg

 

旧バージョンは他の物と共通の厚い紙製パッケージでしたが、新しいタイプは真空パッケージとなっています 「SCIROCCO」も真空バージョンが登場しており、新しいロットはこの真空タイプが流通するのかもしれません
 
DSCF3194.jpg  DSCF3195.jpg

相変わらずこのメーカーのロゴはデカイですσ(^_^;) メーカー側は「問題ない」と言ってるようですが、ルールに厳格なこの国ではロゴ切れたら試合での使用は難しいですからねえ 全体的に少し小さくしてほしいところです 質感が旧バージョンに比べより中国ラバーらしくなっており、使用感なども中国表らしくなってます

 

貼ってしばらくは滑りもそれほどなく弾みも良い為、使い勝手がよくなっている印象を持ちましたが、時間経過とともに「すべり」がでてきました 時間の経過とともに滑りが出る、という表ソフトは使った事がなかったのでこれは驚きました 滑りがあるにもかかわらず、回転もかかるので不思議な表です ドライブ等はシート擦ると滑りが強いんですけどねえ・・・・

 

性能的には球離れと弾みがよく、非常に表らしい直線的なボールが出ます 滑りが最初はなかったのでこれがこのまま続いてくれると隙のない表ソフトだったんですけどねえ ただ、滑りが出た後でも回転がしっかりとかかるのは驚きです 滑りがある分「ナックル」も強力になり、ボールの失速具合はかなりの物でした スポンジがそれほど硬くなく弾力があるので、特殊素材系(アバロックス 馬文革カーボンで使用)との相性は悪くなかったですね

 

使用時期によってラバーの印象が変わるので、かなりびっくりしました 回転とスピードのバランスがいいのでもう少し滑りの軽減があるといいですね ただこの「すべり」を利用した強力な変化は捨てがたいですが  中国表の中では弾みもいいので、安定した使用感になると使い勝手はかなり良くなるラバーだと感じました しかしここのメーカーはいろんな意味で「わからない」ですねえ





トップへ戻る