変化系として再登場 回転性能は健在「JUIC パチスマV」

高い回転性能を誇る表ソフトとして認知され、シリーズ化されていた表ソフト「パチスマ」はラインナップが全て廃盤となり、この「パチスマV」に集約される形となりました シリーズの特徴ともいえる回転性能を有しながらも、変化系のテイストが強くなった表ソフトとなっています

  

パッケージはそれまでの物と比べると少しだけ豪華なものとなってます 目立つデザインであれば、パチスマ3の方がインパクトはありましたね パチスマ・パチスマ2はシンプルでした パチスマトップスピードが少々凝ったデザインでしたね 赤系のカラーリングで中央に「V」と銘打たれているので目立つパッケージではあります

    

シートには「MEDE IN CHINA」とありますが、スポンジについてはメーカー側にも製造国は掲載が無いです 粒配列は縦目で間隔は少し離れています 縦目のパチスマは青いパッケージの物とパチスマトップスピードのみで、パチスマ2及びパチスマ3等は横目です これらは布目も強くかなり回転性能が高い表ソフトでした パチスマとパチスマVを比較していくと、やはりパチスマの方が粒は若干太めで間隔も詰まり気味、そして布目もありますね パチスマVでは布目が薄くなっており、回転と変化のバランスを取った様な表ソフトとなっています また、パチスマVでは最も厚いスポンジが「厚」のみとなっている点が大きな特徴です

これまでのパチスマと比較すると打球感はパチスマに近く軟らかさがあるものの、若干ながら球離れが良くなっている印象です とはいえかなり軟らかさがあるので、あくまでもパチスマと比較して といった所です 打球時に結構掴むので、ここは好みの分かれる打球感となってます また摩擦力に関しては粒に強い布目のあるタイプとと比較するとそこまで引っかかるものではないですね 滑りすぎる様な難しさは無いですが、歴代パチスマの様な強い回転を生み出す様な粒ではなくなっています ですが変化の方も考慮した配列や形状となっているタイプのラバーとしては回転性能は良好と言えます ドライブとブロック時のナックルといった部分に強みを発揮するラバーですかね 弾性については厚としては高弾性以上テンション未満 といった所でしょうか スピード性能に関しては物足りない部分はあるものの、変化系としてみると攻守のバランスが取りやすいタイプともいえるラバーです 弾みすぎるという事は無いので台上での打球やブロック、強打時の安定性のあるラバーですね 強い打球を打つ際に食い込みが強い点は気になりますが、使いやすい表ソフトとなってます

これまでのパチスマと比較すると性質が大きく変わっているので、使い方を選ぶ表ソフトなってます 変化系としては使いやすく回転もかけやすいですね スピードを出すタイプのラバーでは無いです ナックルやクセのある球質は良く、中国系の良さが出ている印象ですね 回転性能は変化系とはなったものの健在で、変化性能と回転性能のバランスが取れたラバーに仕上がっています 変化系としての特徴が強くなったパチスマです ネックなのは大きく価格が上昇してしまった事やラバーの厚さが厚までとなった事ですね 弾みすぎるという事は無いラバーですし、変化系としては扱いやすいラバーとなってますね

 

tti-labo更新情報はこちらから
表ソフト
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました