硬度の割には使いやすい「TIBHAR  QUANTUM」

代表的な契約選手としては「V.サムソノフ」選手が使用しているドイツメーカー「TIBHAR」から登場しているテンション裏ソフト「 QUANTUM」です 日本市場では上位版である「 QUANTUM X PRO」等がラインナップされていますが、このバージョンはごく短期間ではあるものの、日本市場で限定的に登場したラバーとなっています

  

限定版として登場したQUANTUMにはシルバーを基調としたこのパッケージとゴールドを基調としたソフトスポンジ版「QUANTUM S」の2種類がスポット的に登場しました シルバーの方がスポンジが硬く、ヨーロッパのTIBHARサイトでは「50°」と記載されています プラボールとなってからはラバーの硬度が全体的にアップしていますが、このラバーに関してはそこまでの硬さを感じさせない印象ですね パッケージの質感はあまり良いものとはいえず、汚れやすいのがネックです

    

ラバーの質感はマット過ぎないですね 光沢の目立つシートでもない印象です シートはそれ程硬さは無いですが、軽く擦って引っかかる様なタイプでは無いので、やや硬めといった所ですかね 打球感は硬めですが先に書いた通り、50°とされているスポンジ硬度の割には打球時に僅かに掴みがあります シートとのバランスですかね 球離れはそれ程早いタイプでは無いですが硬さのあるスポンジの影響で軽い打球だと弾きだしますが、少し力を加えるとシートが掴みがあり、硬すぎて打ちづらい というのは無いですね 上位版である「QUANTUM X PRO」の方がスポンジ硬度は抑えてあるのは面白い所ですね

スピード性能はドイツテンションらしい優秀な弾性を有している印象ですが、やや前時代的なスペックに落ち着いてますね 飛距離も同様にやや控えめです 弾道は前に飛ぶ傾向が強く、弧線が作り辛いタイプでは無いですが弧線でしっかり安定させる様なタイプでは無いですかね シートの引っ掛かりがあるものの、トップ仕様の様な引っ掛かり方と比較すると弱く、強い回転を作るには少々物足りない引っ掛かり方ですかね スペックはメーカー表記で「スピード112 コントロール90 スピン114」となってますから、バランス型のハードタイプ といったラバーです 擦るにしても引っ掛けるにしてもシートの部分で明らかな差が出てしまっている印象を受けます ミドルスペックのラバーとしては健闘しているスペックですかね

硬さのあるスポンジとしては回転がかけやすくスピード性能もまずまず良好なので、ハードタイプのラバーで使いやすさを優先するには適したラバーの一つです ただし回転性能や回転を作る際にはシートの影響は大きい様で、物足りない印象ですね また下がった際に飛距離がテンションとしては控えめといったラバーです 台上の中での打球やカウンターの様な技術の際にはテンションとしてはコントロールしやすいラバーですが、硬くて弾き出すので、ここはハードタイプの特徴が出ています シートが硬すぎないのでサーブ等の細かな部分でのコントロールはしやすかったですね 軽く引っ掛かった後に飛び出し過ぎる という事は無いです スポンジの劣化スピードは早めですかね シートはまずまず強さがあり、耐久性は良好です 限定ラインナップ時のコストパフォーマンスは良いラバーでしたから、価格に見合った性能+ハードスポンジ といったラバーでしたね

tti-labo更新情報はこちらから
裏ソフト
tti-labo.com
タイトルとURLをコピーしました