中間硬度タイプとしては威力重視「TIBHAR EVOLUTION EL-P」

人気シリーズとなって長くラインナップされているドイツメーカー「TIBHAR」のテンション裏ソフト「EVOLUTION」シリーズから、ミディアムスポンジを採用したバージョンである「EVOLUTION EL-P」です 若干ソフトなスポンジである事から食い込みが良くなっており、使いやすさと威力のバランスが取れたラバーとなっています

  

パッケージデザインはシリーズ共通です EL-Pでは緑系のカラーリングが採用されています スポンジ硬度は現在細かく記載されており、メーカー表記では「42.4~44.4」という表記がされています 重量はこのクラスの硬度のラバーとしてはある方で、トップ仕様に近い印象を受けますね

    

シートの質感はややしっとりとしたタイプですが粘着がある様な物ではないです スポンジは濃い赤系で気泡のあるものとなってますね ロゴはシンプルでシリーズ化されているラバーとしては分かり易いデザインです トップ仕様によくある、シート・スポンジ共に硬く、弾き出してしまい回転がかけづらい というタイプではなく、硬さはシートの影響で多少あるものの食い込ませづらいという事はない というバランスに仕上がっている印象です EVOLUTIONシリーズはトップ仕様である為、最も硬度のあるものでは硬さ・重量の関係で扱いの難しいラバーとなっていますが、EL-Pでは中間硬度にした事でかなり回転がかけやすくなっています シートで擦るタイプではないので、食い込ませやすくなっているのは大きいですね

弾性は優秀で食い込んだ後に飛んでいきますが、スポンジの効果で弾き過ぎないのが良いですね 回転のかけやすさがあり、飛距離が出すぎない印象です 下がった際に飛距離がやや物足りないものの、用具で修正が可能な範疇です 特殊素材を使用するケースでは回転のかけやすさと弾みのバランスが取りやすいラバーとなっています 弧線弾道が強めで、回転性能を重視したスペックのラバーとなっています スピードと回転、使いやすさのバランスの良いラバーという印象です

他社のラバーと比較すると、このクラスの硬度のラバーとしては重量があり、トップ仕様に近い性能を有している印象です 威力を重視したスペックとなっています スピードよりも回転性能を重視したスペックとなっており、ドライブの威力が特徴的ですね 硬すぎるという事が無いので打球時に食い込ませて回転をかける事が可能です このラバーからトップ仕様であるMX-Pやハードバージョンへとシフトしていく、バックで威力を落とさずに安定させる というラバーですね ネックなのは食い込んだ後にテンションの弾みで飛び出しますが、その先の飛距離があまり出ない印象でした 下がってドライブを打ち合う様な展開が主な場合にはここは気になる点でしょうかね ラケットで弾性をある程度確保する必要はある印象です 耐久性や弾性の劣化はまずまず良好です スピードタイプのラバーではないですが、トップ仕様の回転量と使いやすさの部分で特徴的なラバーとなっています フォア・バックでの使いやすさや攻守の安定性に優れたラバーという印象でしたね