引っかかりが強く回転がかけやすい「JOOLA X-plode」

ドイツメーカー「JOOLA」から登場している「EXPLESS」シリーズの流れをくむラバー「X-plode」(エクスプロード)です 元々は「EXPLESS X-plode」でしたが、名称変更により「X-plode」となってますね  他の「EXPLESS」シリーズと比較するととても回転のかけやすいラバーになっています

 

xplode (4)   xplode (1)

 

旧パッケージは「エクスプロード」という名前の通り「爆発」をモチーフにしたパッケージとなっています 現在はシンプルなパッケージに変更されていますが、こちらの方が名前のイメージに近いと思います 他の「EXPLESS」シリーズはとにかく「弾む」という印象が強いラバーですが、このラバーはシートの引っかかりが強く、回転性能が驚くほど向上しています

 

xplode (2)   xplode (3)

 

シートはドイツ製独特のツヤのある感じですが、ややツヤが抑えてある印象です スポンジは気泡の大きい最近の「回転系テンション」に多い物となってますね 他社の物と比較した印象ではスポンジがややソフトでとても球持ちの良い印象を受けました 非常に回転がかけやすく、回転性能の高いラバーです

 

弾性が他の回転系テンションに比べてやや抑えてありますが、弾みが弱い訳ではなく「飛びすぎない」印象です 強くインパクトすれば金属音とともに飛び出しますが、合わせる際にはドイツテンション独特の強い球の離れがないので、ドイツ系のラバーにしては非常に取り回しのよい印象です 台上等の弾みはかなり悩まされるドイツ系でこの扱いやすさは驚きました 打球感も極端に軟らかすぎないので、ハードヒット系の技術もやりづらさは感じませんでしたね

 

シート・スポンジ どちらでも回転のかけやすいラバーなので、ラバーによって打ち方を変える必要があまりなかったのも特徴的でした 加えて打球が安定するので、非常にバランスがいいラバーですね カット用のラケット(ニッタク モノフォニック)でもなかなかのスピードなので、攻撃用のラケットであればスピードはかなり出るラバーではないでしょうかね カットに関しては「ドイツ系にしては跳ねすぎずにしっかりと回転をかける事が出来る 攻守のバランスがいい」との事でした 受けた印象としてはカットが非常に失速して強い回転がかかるのでボールが伸びてこず、カット打ちのやりづらいボールとなって飛んできます 中陣から打ち返す等、中国ラバーでは飛距離の問題がありますが、このラバーであれば飛距離に関しては問題がないように見えましたね

 

ドイツテンションにしては耐久性も大幅に向上しており、性能の劣化が緩やかです 弾みが極端に落ちないので、長く使えるラバーですね 他社の回転系テンションと比較するとおとなしく感じますが、バランスが非常によいので、安心感のあるラバーです 他社のラバーで「重い・硬い」と感じたらこちらの方が使いやすいかもしれません ネックなのは「価格帯」でしょうか・・・・ちょっと割高に感じてしまいます 安定感に威力をプラスした隙のない新しいドイツテンションとなってますね これはいいラバーですd(>_< )