説明不要の粘着ラバープラスチックボール対応版 硬さは程よく回転がかけやすい
「紅双喜 キョウヒョウ8」 39度

中国メーカー「紅双喜」を代表するラバーとなった粘着性ラバー「キョウヒョウ」 中国ナショナルチームの選手の大多数が使用する「キョウヒョウ3」は粘着ラバーとしては非常に高い完成度を誇り、他社の中国メーカーの追随を許さないラバーとなっています スペックもグレードにより大きく異なる等バリエーションも多い為、同じキョウヒョウでありながら様々な選択肢のあるラバーです ベースのキョウヒョウは流石にノングルーになった事もあり、この状態で使うには厳しいラバーとなっています また、特殊加工である「已打底」を採用したタイプである「キョウヒョウNEO」シリーズでは弾性を向上させる効果は短い事が最大のネックであり、シートの性能は問題ない場合でも弾性の劣化によりラバーの交換を余儀なくされる という事が少なくない為、スペックとは別の部分で使い辛さのあるラバーです キョウヒョウ8の場合ではそういった部分がプラスチックボール対応版としてはかなり改善されており、粘着ラバーの回転性能を保ちながらも程よい食い込みと弾性を確保する事に成功しています

    

パッケージはテンキョク3-60や天弓5等から採用されている、紙製のパッケージです 背面にはラバーを取り出すのに必要な部分に切り取りがあります パッケージデザインは大きく数字の「8」が描かれており、カラーリングは地味ですが光沢を葉なっている為、存在感があります ラバーは真空パックで封入されています 所謂「普狂」と呼ばれるグレードの物は「八角形」です

    

粘着の質はこれまでのキョウヒョウと同様に均一性が高く、やや強めの粘着ですね キョウヒョウNEO以降はこの粘着の質といった印象です 非常に粘着の質は高いですね スポンジ硬度は39度ですが、キョウヒョウやキョウヒョウNEOシリーズの39度と比較すると、キョウヒョウ8に採用されているスポンジの方が食い込みが良く、弾性面でも優れているスポンジですね プラスチックボール時での打球ではこれは圧倒的な印象受けます 見た目としてはキョウヒョウ8のスポンジの方が赤みが強いかな といった印象ですね

ベースのキョウヒョウではプラスチックボール時では打球感が非常に硬くなる上に低弾性である事がネックとなる為、飛ばす事自体が難しくなります キョウヒョウNEOの場合は已打底効果の浸透後に軟らかさや弾性の向上はあるものの、弾性向上の効果はそれ程続かない為、弾性の維持を求めていく場合は貼り替えるサイクルが短くなります キョウヒョウ8ではノングルーとしては打球時に粘着ラバー特有の非常に硬い打球感や反発力の低さは無く、軽く食い込んだ後に飛び出しがあるので、キョウヒョウとしては抜群に飛び出しが良くなっています 新スポンジの弾性が大きく向上しているのはかなり良いですね キョウヒョウNEOが已打底の効果浸透し、弾性が出てくるまでには少し時間があるので、そういった事から開放されるのは大きいですね 弾道はキョウヒョウ特有の弧線弾道で、回転性能に関しては流石キョウヒョウ といえる回転性能をプラスチックボール時でも達成していますが所謂「クセ球」がキョウヒョウ・キョウヒョウNEOシリーズと比較するとそこまで強くない印象を受けます バウンド後に不規則な弾み方をする というのは若干減っていますね 粘着特有のクセの強さが無いので、ここは好みの分かれる所です

プラスチックボールでの打球時に硬さをマイルドにしつつ弾性をアップしており、かなり回転がかけやすくなっています 重量も若干軽量化されていますね 均一な弾み方でバラつきは少ないので、かなり品質面が良くなっています これは八角版キョウヒョウとしては非常に価格が引き上げられているので、当然といえば当然ではありますね ですが大幅な品質面の向上や新開発とはいえキョウヒョウNEOシリーズと比較すると価格の上昇幅はかなり大きく、手に取りづらい価格帯となっています 良い面としてはプラスチックボール時でもしっかりと回転をかける事が出来る高い回転性能を維持している事や已打底を施されていない状態(未打底)でも弾性が良くなっているので、キョウヒョウのネックである部分を改善しつつ、回転性能を落としていないラバーではありますね  プラスチックボール時でかなり使いやすくなっているキョウヒョウです