スポンジをややハードに変更 スピードを重視したバランスタイプ
「VICTAS VO>103」

VICATSから登場しているテンション表ソフトである「VO」シリーズはスピードとナックルが特徴の「VO>101」 非常に優れた回転性能を有する「VO>102」とコンセプトのはっきりとしたラバーでしたが、この「VO>103」ではVO>101の様な弾道・スピード性能に回転性能を強化したスペックのラバーとなっています 中間的な性質ではなく、スピードとナックルを落さずに回転性能を加えているラバーです

  

パッケージはシリーズ物なので統一されています 非常にシンプルですが、分かりやすいパッケージです 最大の特徴はスポンジがややハードになっています 既存の2枚は「37.5°」でしたが、VO>103では「40.0°」に変更されています 少し硬さが加わった事で、打球時の食い込みが減り、強い打球時に食い込みすぎない様になっています

  

ロゴは新しくなってますね VICTASのロゴが真ん中に来ています 粒は回転性能を重視したVO>102と比較すると太すぎず、間隔も詰まってはいないですね VO>101と比較すると粒は少し大きく、間隔は詰まっています 特性としてはVO>101の直線的で飛び出しの早い弾道をしていますが、VO>101の強い滑りはかなり軽減されており、打ちやすくなってます 球離れの早さとスピードの良さはそのままに回転のかけ易さと回転性能を引き上げている印象ですね

打球時の飛び出しとスポンジの硬さでより弾きの良さが出ており、強い打球に対して食い込みすぎる という部分が解決されています 非常にスピード性能が高いので、攻撃性の高いラバーです ドライブの際に飛び出しが早いのでここは慣れを必要としますが、ナックルとスピードというのを特徴とした代償として大きな滑りが発生し、回転をかける事が難しくなっているスピード系表ソフトと比較すると、回転がかけやすくなっている為、バランスが良くなっています シートの滑りがVO>101の様に強くは無いので、回転を使った技術がやりやすくなっています サーブは特にそうですね 強打・ドライブどちらも打ちやすく仕上げられています

特徴がはっきりしていた先の2枚と比較すると、スピードやナックルという、表ソフトの強みを残しながら回転性能を高めたラバーという印象ですね バランス型スピード系表ソフトです VO>101の強い滑りを落しながら変化とスピードを活かし、VO>102の様な回転のかけ易さが特徴となっています VO>101程の強烈なナックルボールではないですが、強打やブロック時の弾道や小幅に変化するナックルがVO>103では特徴となってますね バランスの面で非常に良いです 回転性能に関してはスピード系としてみると非常に高く、回転はかけやすい物となっています スポンジの硬さもプラスされた事で強打とドライブのバランスがよくなっていますね 攻守のバランスは非常に良いラバーです トータルバランスの良いラバーですが、ネックとなるのは劣化スピードですね これは非常に早いです 特に弾性はガクッと落ちてくるので、常に最高の状態を維持するにはこまめな変更が必要になってきます ラバーの完成度は非常に高く、隙の無いスペックとなっています それだけに劣化スピードの早さは残念ですね





トップへ戻る