ソフトタイプ 回転のかけ易さ+飛ばし易さが特徴
「JOOLA Samba tech」

シリーズとしてはロングセラーになっている裏ソフトラバー「Samba」シリーズから、シリーズ中、最もソフトな硬度のスポンジを採用したバージョン「Samba tech」です 軟らかいスポンジを採用していますが、打球時に極端な食い込み等は抑えられており、飛ばし易さと回転のかけ易さが特徴となっています

  

パッケージは黒をベースに青系のカラーリングを配したシンプルな物となっています スポンジ硬度は「37.5°」となっており、所謂「FX」「サウンド」系に属するラバーです とはいえスポンジ硬度の割には打球感がしっかりとしており、食い込みすぎて飛ばしづらい というのは軽減されています 硬度に対して、一段上の硬さを有する印象ですね

    

ロゴがやや大きい以外はドイツテンション系らしい質感ですね ツヤのあるシートが特徴的です プラスチックボール対応ラバーとして登場してきたラバーでは、ツヤの無いマットなシートが増えてきていますが、Samba tech ではやや前の世代の質感です スペックとしては回転重視のラバーで、高い弧線と金属音が出る印象 スピード性能も良好です 打球感は軟らかく、打球時に食い込みの良さはあるものの、潰れて飛び出さない というのは軽減されています 強くインパクトする必要が無く、軽い打球で軽く食い込んだ後に飛びだしていくので、軽打であれば弾いても潰れる事はないですね あまり強い打球でインパクトしない方が良いです

FX・サウンド系に位置するラバーとしては回転性能が特に良好で、同タイプのラバーとしては回転性能の高さがありますね 軽い打球でスポンジが食い込む・シートが引っ掛かるので、回転のかけやすいラバーです 球質の部分で軽さが目立つラバーが多い中で、Samba tech は威力面で差をつけているラバーとなっています また「音」に関しても特有の金属音がなるので、ドライブの打ち易さと快音が気持ちの良い物となっています

打球感がかなりソフトで弧線のつり易さと回転のかけやすさ そして音ですね 同タイプのラバーの中ではスペック的にはバランスと威力が引き上げられているので、FX・サウンド系に良くある「球質」が軽くなりすぎる というのは抑えられています 引っ掛かりのよさや食い込みの良さがあり、ドライブの打ちやすいラバーです フォア用としては流石に厳しいですが、バック用としては高い安定性と威力のバランスが上手くまとめられており、優秀ですね 扱いやすいラバーではあるんですが、ネックとなるのは「価格」これですねえ 他社のトップ仕様と肩を並べる価格設定です 扱いやすく、打球感の良いラバーではあるんですが、コストに関しては厳しいですね 同社の「rhyzm」位の価格帯であれば・・・ という印象でしたね