粒高に近い変化性能そのままに使い易さが大幅アップ「巨竜 612」 サンプル版

変化幅の大きな半粒として知られている巨龍のラバー「612」ですが、使用に変更を加えているバージョンです 612の特徴でもある変化幅はそのままにクセを抑えたラバーに仕上がっています

今回も

「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

様よりご提供いただきました いつもありがとうございます~~~~ ヽ( ´¬`)ノ

 

サンプル版なのでパッケージは無しです 大きな変更点としてはかなり粒が軟らかくなっており、倒しやすくなっています これが大きな変化幅を損ねずに粒高に近い性質を持つ半粒になっている印象です その為弾き辛くなっていますが、プッシュや粒を倒してのブロック等の操作性がアップしています また、強烈な滑りがかなり改善されており、扱いやすくなっています また、重量が大幅に軽くなっています 已打底や硬質なスポンジの関係で重量がある半粒ラバーでしたが、これによりかなり総重量が抑えられるようになってますね

  

612のスポンジは基本的に硬い物が多いですが、このサンプル版は「軟」となっています 厚さは1.5~1.8mm前後です シートの質感はこれまでのものと比較してやや光沢が抑えられています また、先に書いていますが粒がかなり軟らかい事や滑りが少なくなっている点が特徴です 変化系のタイプとしてはこれまでにあった物も粒が倒れるタイプでしたが、サンプル版では更に倒しやすくなっており、粒高にかなり近づいたラバーです 更にスポンジがソフトで食い込む為、弾いた際に表ソフトの様な飛び出しは控えめになっていますね

従来の612系共通のクセの強さはかなり抑えられており、使い易さが大幅に向上している印象です 大きな変化幅が得られる代償として強烈な滑りや不規則な飛び方がネックとなっていた同ラバーですが、強烈な滑りが抑えられている事や軟らかいスポンジと比較的飛び方が安定しているので、飛ばしやすくなっている点が大きな変更点ですね 612系ではかなり使い易さが特徴的なラバーです 特筆すべきは変化幅が使い易さが向上した代わりに減退していない という事ですね ボールの変化幅はかなり粒高寄りで大きく揺れ動きます スピード性能や球離れは表ソフト的な部分からは離れてしまっていますが、強烈な変化幅と使い易さを両立させているのは驚きですね

従来型の612とはかなり違っている部分もありますが、最大の特徴である「変化幅」を落とす事無く、612をここまで使い易くしている点が驚く所ですね 軟らかい打球感や球離れの面で表ソフトの部分は少なくなっていますが、より変化を活かすラバーとなっています レシーブ・ブロック時の安定性はかなりアップしますね 従来型の方が弾道や飛び出し方の面で表ソフトらしさが残ってはいます 粒高から半粒へシフトする場合等は選択肢に入るラバーですかね




トップへ戻る