着圧控えめ 伸縮性は高い「TSP ソフトサポートシャツ」

運動機能の向上や疲労回復・軽減に一役買うアイテムとなっている「コンプレッションウェア」はすでに一般的なものとなっていますが「卓球メーカー」がラインナップしているものは珍しい存在です 短パンのアンダーウェアとして「スパッツ」がラインナップされる事はありましたが、コンプレッションウェアとしてのラインナップはコンプレッションが注目されてからになる為、最近なってからですね この「ソフトサポートシャツ」はコンプレッション効果はそれ程高いものではないですが、公式での着用が可能な貴重なコンプレッションシャツとなっています

  

ラインナップはこれ一つでカラーや袖の有無といったバリエーションは無いです ノースリーブの身ですね これは「M」サイズとなってます メーカー表記でMサイズは「着丈 61 胸囲 80」というサイズです 一般的なコンプレッションウェアと比較して着圧はそれ程強くないので、着圧を優先する場合は1サイズダウンの方が良いです 腰回りが絞ってあるので密着はしますね

  

  

素材はポリエステルやポリウレタンといった化学繊維となってます 光沢はありますが、テカテカし過ぎる程ではないですね 製造国はタイですね 縫製はなかなかに良く、腕や首回りが糸が出てチクチクする というような事は無いです 生地が軟らかく伸縮性は高いので、コンプレッションウェアとしては基本的な着用感 という印象です

コンプレッションウェアの代表的なメーカーとしてはTリーグの1stシーズンで公式ウェアとして話題となった「アンダーアーマー」や「SKINS」といった所がありますが、アンダーアーマーの「ヒートギア」に近い着用感という印象ですね SKINSは同サイズ相当の着用感は生地が軟らかく着圧はあるものの違和感を感じさせないものなので「締め付け」という部分に関してはかなり自然な着用感となります 着用感や疲労回復という点ではSKINSが非常に優れている印象です また、国内総合スポーツメーカーである「ミズノ」からは同じく「バイオギア」がありますが、これも公式での着用は可能です バイオギアは着圧が更に緩く伸びの良いコンプレッションウェアの為、着圧感を軽減したい際には適したコンプレッションウェアとなってます 試合で着用できるという点も大きいですね

コンプレッションウェアとしてはベーシックなスペックといった印象ですね 卓球メーカーが製作しているので、試合で着用できる という点が最大のメリットです 着用感や着圧は良いですが、コンプレッションの効果である「疲労軽減」「パフォーマンス向上」という部分では際立ったものではないです あくまでも「ソフトサポート」のコンプレッションウェア という事ですね ネックとしてはスペックに対してコストパフォーマンスがよろしくない といった所ですかね 割高感が相当にあるものとなってしまっています とはいえ「試合で着用できる」という点が重要なので、コンプレッションウェアを着用して臨む場合には貴重なものとなってますね

タイトルとURLをコピーしました