まさかのスポンジで登場 弾性は良い
「紅双喜×STARWOOD キョウヒョウⅡ(STARWOODスポンジ)」

説明不要の粘着ラバー「キョウヒョウ」では中国ラバーでは珍しくない「他社製スポンジ・他国製スポンジ」採用するというのは少なく、ケースとしては珍しい事ですね(代表的な例としては日本代理店であるニッタク社の日本製スポンジを採用) 今回は管理番号の無い、旧シートに「STARWOOD」社製のグレースポンジを採用したタイプとなっています

 

  

パッケージは旧タイプの物ですね スポンジ硬度の表記が丸いシールで表記されているのが特徴です スポンジ硬度は「50度」となっています STARWOODのスポンジとしてはかなり硬い硬度に入るスポンジですが打球時に僅かに食い込みがあり、弾みは良いですね

    

以前報告したグレースポンジ版(参照)と比較すると見た目的には違いが分かり辛いですが、STARWOODグレースポンジでは硬さと弾みの良さが特徴で、硬いスポンジの粘着ラバーと比較すると僅かな食い込みはありますが、非テンション系の硬質な粘着ラバーのテイストを残しつつも、強い打球時に食い込むスポンジといった印象です 前に飛ぶ力がまずまずあるので、自力で飛ばしやすくなってます スピード性能は非テンションタイプと比較すると非常に良くなっている為、本格的な粘着テンションや已打底で弾性強化したタイプを試す前に使ってみるラバーとしても適しています

STARWOODの裏ソフトは中国系のラバーの中ではやや価格帯は上がりますが、品質面で安定性があります バランスが良くクセが無いタイプの物が多いので、スポンジの影響でキョウヒョウが飛ばしやすくなっている点が良い組合せと言えますね 硬さはありますが均一な弾みで打ち易さはアップしています スポンジの反発力がある というのは大きいですね 現代的なラバーと比較するとスピード性能や飛距離は厳しいラバーですが、通常版の硬く・弾まない物と比較すると、飛ばしやすく回転性能を損ねていないのは改善している点ですね

プラスチックボールでも回転性能は高いのは流石ですが、ネックなのは「珍品の類」という所ですかね キョウヒョウⅡ自体は入手は容易ですが、他社製スポンジを採用した物というのは入手し辛く、継続的な使用が難しいというケースが多いです なのでコレクションアイテムとしては良いのですが、継続使用の面でネックとなってきます 更に旧タイプのシートを使用している為、今後は旧タイプのシートでの登場してくる事は無いと想定されます ただスペック的には粘着ラバーの王道的な強粘着シートに硬さはありながらも良い弾性をしているスポンジとのバランスが良いラバーです ノングルーでも程々に弾みが確保できるので、非テンションタイプのキョウヒョウよりは実用的ではある弾み方をしていましたね

珍品・迷品
tti-labo.com