破壊的打球感・・・・・・・
「CnsTT ABS9001+ Violent」 普及版

おそらく今後使用する事はない「お蔵入り筆頭」のラケット「ABS9001+ Violent」です タイトルの通り「破壊的な打球感の悪さ」がその原因ですε-(ーдー) 一応このラケットにはシリーズがあり、今回は一番安い「普及版」を使用しています 最高クラスは「黄金版」となっており、価格も日本製の単板に引けを取らない、挑戦的な価格になっていますね

 

DSCF3198.jpg   DSCF3197.jpg

 

このラケット最大の特徴ともいえる「ぼうりよく」という(ぼうりょくではない)単語がプリントされています ある意味、「攻撃的」ではありますね┐(‘~`;)┌ なんで、この単語なんでしょう・・・・? ラケットが「日本製」でもないですし、右上にあるように「中国×カナダ」の国旗がプリントされていますから、日本は全く関係ないんですけどねえ・・・・

DSCF3199.jpg   DSCF3200.jpg

 

ラケットのサイズは「160×150mm」程度です グリップは「100×25mm」程度ですね 日本製の単板は「ヒノキ」が多くまた非常にいい香りがしますが、このラケットは妙なにおいがしますね∑( ̄Д ̄;) 手ににおいがついて困りました 普及版だけあって、ラケットの「詰まり」もひどいですね~ 思いっきり斜めになってますよ 間隔も大きく開いてますし、品質としては相当ひどいですね 黄金版はどうなのか気にはなります

DSCF3209.jpg   DSCF3370.jpg

 

ラケットの重量はかなり重く何と「111g」というデータが出ましたΣ(゚д゚;) めちゃくちゃ重いですね~ ラケットの厚みは「約9mm」です 日本では一般的な単板の厚さですね(打球感は圧倒的に違いますが) こんなラケットなので、長時間振るとかなり肩がつらくなってきます

 

そしてどう「破壊的な打球感」かといいますと、打った瞬間に「尋常ではない位響く」んですよ 具体的に表現すると鉄の棒などを叩くと響く感じ、でしょうか ボールが当たった中心から波紋のように響きが広がって行きます 個人的にはもう「最悪」でしたね シェークなので、メイン使用はアニキですが「これはさすがにヒドイ 飛ぶのは飛ぶが打球感が悪すぎる」でしたからねえ 弾みは悪くないですね 単板しては球の離れが早めで、弾みはいい方です ですが「打球感の悪さ」がそれらをすべて消していますねえ

 

ん~~~打っていてここまで「気持ち悪い」と感じたラケットは後にも先にもこれだけです(´Д`) =3 間違いなくワースト1ですねえ とにかく酷すぎました( ̄へ ̄|||) 威力はまあまあでるんですが、繊細なタッチというのは皆無なので、打っていてストレスがものすごく溜まりました あと変なにおいも嫌でしたね 弾みがいい事が唯一の長所ですかねえ~~ 一般的に「響く」と言われているラケットの何倍もの響きが体感できるラケットです もう使いたくない・・・・・・・