唯一の・・・・・「crack MASTER(ARESスポンジ)」 中軟

強粘着+ソフトスポンジのテンション「SP」を筆頭に規模が小さいながら侮れないメーカー「crack」唯一の「う~ん」ラバーかもしれない「MASTER(ARES)」です アレスというと、ギリシャ神話の荒ぶる神として有名ですが、このラバーはどうですかねー 荒々しさはあまり感じませんでしたね

 

DSCF3192.jpg   DSCF3193.jpg

緑を基調とした独特のデザインが目を引きます このラバーも「Turbo」とありますが、実際は「MASTER」のスポンジ違いバージョンです 「日本スポンジ」搭載バージョン同様、粘着はほぼなしですね こっちの方がサラッとしてる印象が強かったです

DSCF3190.jpg   DSCF3191.jpg

写真でみるよりも実物はくすんでいます 日本スポンジに比べこのラバーは「高弾性」に近いスポンジをしていますね 打った感じでは柔らかめで弾みが日本スポンジよりおとなしいです 中国ラバーの質感はゼロですね 弾みが抑え目になっている分、ファーストインプレッションでは「打ちやすい」という感じでした

 

まあまあ弾んで使いやすいんですが、シートに引っ掛かりがなく、擦るうち方が出来ませんでした そのためかなり食い込ませて回転をかける必要があります が このラバー「日本スポンジ」以上に回転がかからないんですよね~~ シートのせいかなあ こっちの方がツルッとしている印象はあります 非常に回転のかけづらい印象がありましたね

 

滑るので台上での処理などはかなり角度調整が難しくなってます 少しでも角度を誤ると落球ですし、台上で回転をかけることが出来ないのは非常にネックですね ><  弾みはそんなに悪くないので、バックでハーフボレーやブロックなどは安定感がありました ですがそれだけでは・・・・・・・ 攻撃性も他のラバーと比べるとかなり薄いので、使いどころが難しいものになってしまってますね フォアでの使用となると高弾性に慣れた方でこすらないドライブのかけ方をされるならなんとかいけるかなあ という印象ですかね ですがシートがこれなので、サーブなどが・・・・・回転に関してはちょっと厳しいですね

 

打球感はそれほど悪くないだけに、非常に残念ですね~ これでもうちょい弾めばスピードラバーとしてどうにかなったとは思うんですが、高弾性っぽいのでメイン使用にはちょっと厳しい印象でした 打ちやすいんですけどね にシートで滑ってしまうので 、同社のラバーの中では非常~~~~に回転がかけづらいラバーです ん~~~~個人的にはイチオシなメーカーなだけにこれは残念な結果となってしまいましたね