ブルースポンジを採用した黒専用ラバー
「KTL BLACK POWER(藍海綿)」

黒いスポンジを搭載し、尚且つ「黒のみ」というのが特徴のラバー「BLACK POWER」ですが、今回のバージョンは「ブルースポンジ」を採用したバージョンとなります 「プロバージョン」という扱いに昇格している為「省相当」にあたる扱いのラバーとなっています

  

ラバーのパッケージはこれまでのBLACK POWERと同じですが、「藍海綿」のシールが貼られているので、ブルースポンジバージョンという事がわかります また「真空パッケージ」にも変更されています

  

このロットでは微粘着からほぼ粘着無しとなっており、シートの質感に粘着らしさは無いです ラバーのそりが強く、貼る際には接着力の強い接着剤を使った方が良いです ブルースポンジの質感は見た目では他社のブルースポンジに似ていますが、シートの違い等はあるものの、かなり直線的に飛び出す印象ですね 打球感は粘着系特有の硬さはそれ程無く、比較的ソフトな中国系ラバーの打球感ですね 従来型と比較をすると、軽量化されているのも特徴です

シートの粘着が今回はほぼ無い為、擦って回転をかける という事が難しくなっています 強い打球でラバーに食い込ませて回転をかける必要があるラバーとなってますね 前述したとおり、直線的な弾道がかなり強く、弧線が作りづらくなっているので、かなり尖った中国系ラバー といった印象です スピード性能は非常に良く、直線的な弾道の影響もあり、特徴的な球質となります ただし回転性能はそれ程高いものではないですね 粘着ラバーの硬いものと比較をするとソフトな方ですが、ほどほどに硬さがあり、球離れも早めなので、好みの分かれるラバーとなっています

粘着ラバーらしさが無くなっている為、従来のBLACk POWERから大きく変わってしまっていますね 更に直線的になり、少しだけ食い込ませやすくなった事やスピード性能が良いラバーです 回転がかけづらくなっている点が気になります かなり直線的で球離れも早め 打球感も中国テンション系としては硬すぎないとはいえ、回転をかける際に弾いて前に飛んでしまう為、弧線弾道を作りにくくしています 粘着に関しては従来型と同等に微粘着があった方が、粘着らしさを損ねずに使いやすくなっているラバーです このタイプでは擦りづらいので、回転をかけるには難しくなってしまった印象ですね 数値としては「スピード11 スピン10 コントロール10」となっていますが、スピードとスピンのバランスは数値よりも広がっていますかね スペックよりも気になった点としては「質感」ですか シートにムラ(?)の様なものがあります プロバージョン という事で若干コストも上がっているので、ここは改善して欲しい所ですね 特徴的な弾道とスピード性能は優秀なので、もう少し回転のかけやすさがあればなあ というラバーでしたね

裏ソフト
tti-labo.com