質感が非常に良い 「SANWEI RINGS LINK」

ラバーに関しては「普通」な物が多い「SANWEI」ですが、この「RINGS LINK」はスポンジが「ドイツスポンジ」であるため、少し趣が違ってきます。 特に違うのは「質感」で、見た感じは「ドイツラバー」のような品質の高さが目を引きましたね  今回も「マニアック卓球用具王国・アバロン」の「天座澪一」さんからいただきました。 ありがとうございます~

 

DSCF1734.jpg   DSCF1735.jpg

濃いブルーが非常におしゃれでかっこいいですね パッケージまでヨーロッパ的なテイストが満載です。 ラバーはドイツっぽいんですが、この見た目だとなんかフランスっぽい感じがするのは自分だけでしょうか。 打った感じは非常におとなしめ、マイルドな弾みで非常に打ちやすかったです

DSCF1726.jpg   DSCF1731.jpg

スポンジは「ドイツ製」とのことでしたが、このしっとりとしたトップシートを見るとシートもドイツ製っぽいんですよねぇ 品質は中国メーカーでもかなり高いと思います。 粘着はほとんどなく、見た目だけならヨーロッパラバーでも通りそうな質感です。 ヨーロッパの物と比べると柔らかすぎず、弾みが適度なので、使いやすいラバーでしたね。

バランスがいいので、フォア・バックどちらでもいけそうなラバーですね スポンジ硬度が「39度」ですが、柔らかさと硬さのバランスがホントにいいんですよ。 そのため、スマッシュ・ドライブ共にやりやすく、安定した打球ができましたね。 使い勝手がかなり良いため、幅広いプレーに対応できるラバーです

回転性能は「それなりにある」という感じでしょうか、シートの引っ掛かりが適度にあり、ボールに回転をかけやすい感じがしますね。 このため、ドライブの際には従来の中国ラバーのような「擦り打ち」でなく、シートで引っ掛けるような打ち方のほうがこのラバーでは回転がかけやすかったですね。 球質は中国ラバーではなかったですね~ クセのない素直なボールが飛んでいきます

飛び過ぎず扱いやすいラバーで、攻撃・守備どちらもまんべんなく行えるいいラバーだと思います。バックでの使用の際にはボールがとめやすくショートなどは安定してましたし、台上では変化もつけやすく、安定感はかなり高いラバーです。耐久性やコストパフォーマンスも高く、総合力がかなり高いラバーでしたね。 やはりこのメーカー「地味にいいものつくってるなぁ」という印象ですね。 侮りがたし・・・・( ̄ヘ ̄)




トップへ戻る