性能はプラチナの輝き「DONIC COPPA JO PLATIN」

卓球界の生きる伝説「J.Oワルドナー」選手の名前を冠したラバーです。 もともと「COPPA」(コッパ)はあったんですが、その「COPPA」に同選手の名前がつけられていますね。 意外に同選手の名前がついたラバーは多く、古くは「BANDA」社の「ワルディ」や「J.Oワルドナー」等(※いずれもニッタクから輸入販売※)があり、同選手のすごさがうかがえると思います。

 

DSCF1148.jpg    DSCF1149.jpg

 

「プラチナ」の名前のとおり、白金色のパッケージは高級感がたっぷりです。 裏面には同選手の子供時代から現在に至るまでの写真が載せてあるなど、「ワルドナー」を前面に押し出しまくってる感じですね。 中身は略歴が書いてあり、このラバーで「ワルドナー」という選手がどれだけすごいか、ということがわかります。そんな「カリスマプレイヤー」が使用するラバーなのだから相当すごい飛びや回転があるのかというと、意外にもおとなしめです。 他社のドイツ系に比べるとしっかりとボールが食い込んでから飛び、使いやすい印象でした。 なので「ドイツテンションぽくない」感じがしましたね 「羊の衣を借る狼」というキャッチフレーズの割にはおとなしいラバーです

DSCF1145.jpg   DSCF1142.jpg

 

ツヤのある漆黒のボディが美しいです 質感がとてもよく、品質もトップクラスです。 前にも書いたようにドイツテンションにしては弾性が程よく飛びすぎないため、コントロールが抜群にやりやすいです。 打球感と打球音が特によく、体育館中にこだます金属音は打っていて非常に気持ちがいいです。 回転系の性能についてはドイツテンションらしくちょっと落ちますね これはドイツ系によく見られる感じのタイプです。 強打したときのボールの伸びがよく、シャープなボールが放てますのでコントロールしやすくも威力のあるボールは打てますね

メイン使用はアニキですが、特にブロックなどの守備系技術がやりやすいらしく、「角度の調整だけで簡単に返る」とのことですね。 他社のドイツテンションは確かに飛ぶんですが「飛びすぎる」ため、コントロールにかなり悩まされます。 このラバーはそのやりづらさがなく、食い込んでから飛び出すので、安定して返球がやりやすいとのことです。 比較的中陣でプレーするヨーロッパ的なプレーもやりやすく前でも打てる、まさにオールラウンドなラバーです。

アニキによると「カーブ、シュート等がこのラバーが使用してきた中で一番やりやすい」らしく、「コレメインでいこうかな?」ともいってました。 ですが・・・・ このラバー 「日持ちしない」んですよΣ( ̄Д ̄;) 約一ヶ月前後でかなり弾みが落ちてくるので、コストパフォーマンス的にはコレはかなり痛いですね 劣化のスピードは早いです 国内ラバーだとかなり日持ちしますからね。 う~ん、ドイツ系の劣化の早さは困ります・・・・・使いやすくていいラバーではあるんですけどねー  打球感が抜群にいいので繊細なボールタッチを重要視するならオススメです。 劣化は早いですが、威力とコントロールが両立されたいいラバーではありましたね。