粘着タイプ 良好な摩擦力と弾性が特徴「air ディフェンダー(粘着)」

着実にスペックをアップしてきている中国メーカー「air」の裏ソフト「ディフェンダー」ですが、非粘着と粘着タイプの2種類が今回のロットでは登場しており、これは「粘着タイプ」となります 微粘着タイプですが比較的しっとりとしたシートでありながら、摩擦力を向上させたラバーとなっています

 

    

パッケージは非粘着タイプと共通デザインなので見分ける際にはシールに「粘」というものが貼ってあるか という所で判別します 非常に紛らわしいので注意が必要です シートは先に書いた通り、微粘着タイプですがしっとりとしており、質感の良いシートとなっています 品質面では中国ラバー系としては良好ですね

  

  

触るとペタッとしているので、微粘着系としては少し強めかな という印象です 非粘着タイプには無かった銀色のフィルムが粘着タイプには貼られており、これがインパクトのある物となっています 弾性は非粘着同様に中国ラバー系としては良く、打球感もそれ程硬く無い事から、硬質な物や特殊素材系の様なラケットとも合わせやすい硬さですね

粘着を帯びたことによって擦りやすくなっており、回転のかけやすさは非常にアップしている印象です 回転性能に関しては粘着タイプの方が若干向上している印象です 非粘着タイプでは擦る事はラバーの特性上、難しくなっていますが粘着タイプではシートの特性を活かし、擦る打ち方に適しています 打球時に食い込んで良く飛び出してくれるので、回転のかけ易さと弾みのバランスは良いですね 弾道は少し直線寄りですが弧線が作りづらいという事はなく、バランスが良い印象ですね 飛距離はこの手のラバーとしては出しやすいですが、下がって打ち合う展開の様な場合ではラケットで弾性を稼いだ方が良いですね

粘着の影響で擦りやすくなっており、擦って打つ事が出来る点が大きいですね ラバーの食い込みも良く飛び出しも良いです シートの特性上、食い込ませて打つ事に特化している非粘着タイプと比較すると使い勝手が良くなっている印象です 打ち方を大きく変える必要がなく使用できる点が大きいですね 弾性は特に良好でシートが粘着となった事でより回転をかけやすくなっている点が大きいですね 際立ったスペックを有したタイプではないですがコストを考慮するとスペック面でバランスが非常に良く、中国系のテンションタイプとしてはクセの少ないラバーです