特別仕様のスポンジが最大の特徴 球持ちが良い
「GLOBE 999孔令輝仕様」

男子中国代表選手としてはシェークハンド初の世界選手権・オリンピックシングルスチャンピオンである「孔令輝」氏の仕様として登場している、強粘着裏ソフト「999」です 999自体は日本市場では「JUIC」が長く代理店を務めている為、キョウヒョウ(紅双喜/ニッタク) 729-08(フレンドシップ/コクタク)等と同様に比較的目にする機会の多いラバーです 特別仕様最大の特徴としては「ブルースポンジ」を採用している点ですね

    

ガチガチのスポンジに低弾性 非常に強い粘着を帯びたトップシート というのが999の特徴ですが、このブルースポンジを採用したバージョンでは打球感がソフトで球持ちが良くなってます また、反発力は皆無ともいえる様なカチカチのスポンジと比較すると、大幅に飛ばしやすくなっていますね これにより非常に使いやすくなっています テンション系ラバーと比較すると弾性は厳しいですが、非テンション系の粘着としては良好な弾性を有している印象です とはいえ当てるだけで飛んで行く様なラバーでは無いので、自力で飛ばすラバーですね

弾道は粘着ラバーらしい大きな弧線弾道 回転性能は非常に優れた性能を持つ999のシートだけに非常に高い性能です スポンジの効果は非常に大きく、従来型の硬いスポンジであれば敬遠する様な特殊素材系ラケットとも合わせる事が一部可能となってます ラバー自体の弾性は通常版より良いとは言え、弾むラバーとは言い難いので、スピードを確保する場合はラケットでスピード性能を底上げする必要があります 重量は粘着らしく重めなので、総重量に気を使います

999は非常に摩擦力のあるシートで回転をかけるという、目的がはっきりしたラバーですが、従来型のスポンジでは飛ばすことが難しいので使い方が難しいラバーです その為、アルティマスポンジやナノテクスポンジ、カリスマスポンジ等、999の優れた回転性能を活かす為に様々なスポンジで弾性の確保が図られてきた経緯があります(2017年2月現在ではカリスマスポンジが日本市場では最新) その分、価格に反映されていますが、比較的安価に実売価格が抑えられています この999孔令輝仕様は弾性は非テンションの粘着にプラスα程度の弾性で球持ちの良さが特徴となってます スペック以上に「ブルースポンジ」であるインパクトや「リミテッド仕様」という点がこのラバーの魅力ですかね プラスチックボールではやや滑る印象はあるものの、粘着らしい回転量と弧線が確保できる印象です クセ球は控えめですね 非テンション系の粘着ラバーとしては打球感・弾性・回転量のバランスが良くまとまっています