ブルースポンジ搭載バージョン ややハード+球離れが特徴
「729 729-08 PRO」

中国メーカーとしては大規模である「729(フレンドシップ)」の用具は安価で使いやすいものが多い印象です 特徴としては軟らかめのスポンジや均一な弾み等ですね 省グレード相当となるとスペックは一段アップし、スピード・回転のバランスの良い用具が多くなります この729-08PROも同様で、スペックを引き上げられた仕様としてラインナップされています

729-08PRO (4)  729-08PRO (1)

パッケージは専用のものが用意されています シールやパッケージ無しではないです パッケージングは真空ですね ややラバーが小さいので、カット用等、ブレードの大きなラケットに貼る場合は注意が必要です 今回提供いただいた硬度は45度となります 厚さは2.1mmです

729-08PRO (3)  729-08PRO (2)  729-08PRO (5)

同社の省グレードに相当するラバーはハードで球離れが早いものが多く、同系統のラバーでは「729-08ES 省」等がそれにあたります このブルースポンジ版も同様に弾きの良さと硬めのスポンジが特徴ですが、一般的な中国ラバーのようなガチガチなタイプではなく、硬さの中に弾力のあるタイプ といった印象ですね 粘着の質感が抜群に良く均一で、品質面に関しては素晴らしいですね 粘着はそれ程強くはないです

弾性は中国系のラバーとしてはまずまずあり、ずば抜けた弾性ではないですが良好な印象を受けます 弾性以上に印象的なのは弾みが均一で、中国系のラバーに多い「不規則性」が非常に少ない点が特徴です 元々品質に安定感のあるメーカーではありますが、グレードが上がると一気にこういった所で違いが出てきます クセのある球質にはなりづらいですが、回転性能とスピードのバランスが取れている粘着テンション といった印象ですね 硬さと球離れの早いスポンジなので、強い打球で食い込ませて回転をかけないと回転をかける前に弾いてしまう点が同社の省グレードらしい特徴ですね 弧線を出すにはしっかりと食い込ませて回転をかける必要があります

省グレード相当のラバーの中ではバランスタイプの粘着テンションで、クセが少なく使いやすいラバーです プラスチックボールの影響は皆無ではないものの(やや滑る ボールによっては硬い打球感)中国ラバーの良さに安定した性能が備わっている印象です 粘着がそれ程強くないので、粘着ラバー特有の質感 というのは薄れていますね ガチガチではないですが硬さはまずまずあり、食い込ませるにはそれなりの力が要るラバーではありますが、粘着ラバーとしてはやや硬め~硬い 程度の硬さですね 雨天時の影響も受けるので、粘着のネックとなる部分も少なくはないですが全体的にスペックは高く、省グレードに相当するスペックに引き上げられた729-08ですね ハード仕様のブルースポンジバージョンです





トップへ戻る