省仕様 内蔵已打底により大幅な弾性向上
「729 802-40(SOULMATE)」40度

729(フレンドシップ)の回転系表ソフトの代名詞とも言えるラバー「802-40」 特徴としては高い回転性能ですが、ソフトなスポンジと低弾性である部分がノングルーでは厳しい物となっていました この「SOULMATE」スポンジを採用した省グレード相当に当たる「802-40」は省仕様である事から品質・スペックの面で大幅な向上をしています 中でも弾性の向上が著しい物となっています

 

  

近年の729系の省仕様のラバーはこの手のパッケージになっています グレー系で小窓からラバーの名前や色、硬度が判別できる様になっています パッケージは全て真空パックとなります

  

普及タイプの802系のシートはやや価格相応の雑さがある印象ですが、省グレードとなると、シートの質感は大幅に良くなっています スポンジの方は白色系で、ロットによりますが、側面から見ると違いの分かり辛いスポンジです 「SOULMATE」や省用海綿の刻印が省仕様である証です スポンジにはTUTTLEのラバーが積極的に採用してきた「内蔵已打底」が施されています  729系の已打底の省仕様相当のラバーはありましたが、内蔵タイプで表ソフトというのはTUTTLE以外のメーカーでは珍しいですね 弾みが均一でムラが無い点が特徴で、普及用の様なバラつきは少ない印象です 国内メーカーが輸入版としてラインナップしている様な品質の高さをしていますね ナックル性能は控えめなラバーですが、今回もナックルは同様です

802-40は冒頭でも書いてますが、屈指の回転性能が特徴です ですが元々が弾性の優れるスポンジを採用したタイプのラバーではなかったので「回転はかかるが飛ばない」というものでした SOULMATEスポンジ自体の弾性向上に加えて「内蔵已打底」の効果で更に弾性を引き上げています また同社の表ソフトとしては少し硬質である「40°」のスポンジが已打底との相性も良いですね  食い込みは良いですがつかみ過ぎる事が無く、球離れと硬さのバランスが従来型の802系とは明らかに異なります 弾道が直線的になり、大幅なスピードアップと表ソフト特有の弾道を獲得している印象です

802-40系の問題を完全に解決しているラバーで、硬すぎない硬度が使いやすさを損ねていないですね 特殊素材系の様なラケットとも合わせ易い硬度です 押すと食い込みますが、軟らかすぎる事が無いので、ドライブ・スマッシュどちらも安定性と威力のバランスが取れている印象です ここは「802-40らしさ」があります  回転性能をそのままに大幅に弾性や球離れを引き上げているので、表ソフトとしての完成度が際立って高い印象を受けます プラスチックボールをものともしない回転性能にスピードや表ソフトの弾道が加わっています 省仕様に相応しいスペックとなっていますね