省相当 細部調整バージョンの模様
「729 BATTLEⅡ(TG版)」38度

729(フレンドシップ)社が数多くのバージョンをラインナップさせている粘着ラバー「BATTLEⅡ(バトルⅡ)」ですが、省グレードに相当する物の種類が多く、この「TG版」もその一つです TGとは「特供(TEGONG)」という事です 既に登場している省グレードバージョンとの比較が難しく、微調整を施したバージョン  という印象ですね

  

パッケージデザインは他の省グレードラバーと似た様なものですが、ラバーを判別する部分が右下から中央よりやや左上に大きく取られている点が特徴です ここにラバー名等を書いた紙が挟んであります 内蔵已打底タイプとなってますね

    

通常ラインナップの省グレードと比較すると見た目では判別は難しいですね 省グレードでもブルースポンジ等であればわかりやすいのですが スポンジ硬度は38度となってますが、ブルースポンジと比較した場合は特供版の方が少し硬くなってます TG版は通常の省仕様同様に打球感は硬すぎず、直線的な弾道と已打底による優れた弾性は健在です ブルースポンジの様に同じ38度であっても掴みがよく弧線が作りやすい等、スポンジ特有の特徴があるタイプではないですね 従来型の特徴を損ねずに性能向上を図ったタイプです

BATTLEⅡのラインナップされている省グレードの中では比較が非常に難しく、細かな調整が加えられたバージョンという印象ですね あえてこのラバーを「別バージョン」としてラインナップする必要があるのか?という印象です その為、激的に「ここが違う」というのはかなり難しいラバーです 共通しているのは「硬すぎない打球感」という部分が最も大きい部分です 直線的な弾道と飛び出しの早さはBATTLEⅡの特徴ですから、TG版でもこの特徴をしっかりと発揮されているスポンジではありますね

省仕様となっているだけあって、スペックに関しては相応しいラバーに仕上がっています ベースのBATTLEⅡの特徴を損ねずに大きく弾性を引き上げていますね スピードタイプの粘着ラバーで弾道が直線的 というのはBATTLEⅡの大きな特徴なので、これを損ねずに大きくスペックアップしているという点では「省グレードらしさ」のあるラバーです 特徴のはっきりしているラバーですが、問題なのは「特供版」と銘打って、別物としてラインナップした という所でしょうね 明確な「違い」が打球感等で判別し辛い為、どの部分を調整したのか自体分かり辛いラバーです