日本製回転系テンションとしては抜群のコストパフォーマンス
「TSP レガリスブルー」

TSPブランドから登場した、日本製の回転系テンションラバー「レガリス」シリーズ ソフトなレッドと少し硬めのスポンジのブルーの2種類がラインナップされています 中~高価格帯の回転を重視したタイプのテンションラバーは別格である「テナジー」を除き、市販されいているラバーの主流はドイツ系ですが、レガリスシリーズは「日本製」で「回転系テンション」という所が注目すべき点ですね

レガリスブルー (1)  レガリスブルー (5)

パッケージは名前の通り、青ベースのパッケージです ダイナミックテンションラバーとしては「アグリット」シリーズが選考してラインナップされていますが、レガリスシリーズはアグリットシリーズと比較して回転量が大幅に向上しているラバーですね 回転系らしい、グリップの仕方がアグリットとは大きく異なる点ですね 回転は非常にかけやすいラバーに仕上がっています

レガリスブルー (2)  レガリスブルー (3)  レガリスブルー (4)

レガリス「ブルー」なので、スポンジは青ですね 気泡が粗めのスポンジです スポンジ硬度はメーカー表記で「47°±3」となっていますが、ドイツ系の トップ仕様ラバーに多い硬度「47.5°」と比較するとソフトで食い込ませやすい印象ですね 軽い打球では弾く打球感で軽く食い込む様な打球感ですが、少し強い打球でしっかりと食い込みながらボールを掴んで弾き飛 ばすタイプです メーカー表記のスペックでは回転系テンションながらスピード重視のスペックですが、引っ掛かりの良さや回転のかけやすさが良くなり、回転量も確実に良くなっている印象ですね 弾道は直線気味ですが、回転系らしい弧線を描く弾道です

弾性に関しては非常に良好でこの価格帯のラバーの中ではかなり優秀な性能ですね ラバー自体は硬度の割にはガチガチではなく、軽く食い込んでから弾き出すので、それほどクセが無く使いやすいラバーです 球離れが少し早めですかね なのでスピードが出るラバーとしてはコントロールがしやすい印象です 回転系の特徴である「グリップ力」はなかなか良く、特に強い打球の際に確実にボールを捉えてドライブが打てる所は「回転系らしい」特徴ですね 引っ掛かりすぎたり、ボールを持ちすぎる という様な点は無いです 際立った回転性能ではないですが、回転をかけている感覚が感じられる引っ掛かり方をしますね

先に書いていますが、やはり回転系テンションラバーで「日本製」というのは、テナジーを除くと非常に少ないので貴重です 品質も日本製らしい質感ですね  実売価格も非常に抑えられている点がTSPブランドらしいですね ユーザーに寄り添った価格帯で試しやすいラバーです スペック自体はこの価格帯としてはかなりがんばっている印象ですね アグリットも同様に安価でしたが、スペックがスピード偏重タイプでシートの引っ掛かりがそれほど無いラバーでした 対してこのレガリスに関しては「回転系テンション」としての性能が引き上げられ、回転性能はアグリットと比較するとかなり良くなっています グリップ力の向上はかなり大幅で、回転のかけやすさが抜群に良くなった印象でした アグリットと比較すると若干打球感が硬質ですが、回転系テンションとしては比較的マイルドなので、程よい硬さです 所謂「トップ仕様」ではないですが、しっかりとした弾みと回転のかけやすさが特徴のお勧めしやすいラバーです