スウェーデン製5枚合板を代表する1本
「STIGA ALLROUND EVOLUTION」

スウェーデン製ラケットといえば「STIGA」ですが、近年はハードウッドシリーズや軽量・高反発木材合板が目立ってきており、所謂「クラシック」シリーズは目立たなくなってきています その中でこの「ALLROUND EVOLUTION」(オールラウンドエボリューション)は現代においてもトップ選手が使用する万能タイプの5枚合板です ベースとなっている「ALLROUND CLASSIC」に特徴的な赤く染色した木材を挟み込み、反発性能を向上させたモデルです 発売当初と比べると若干仕様は変更されていますが、人気は不動のものとなっています

オールラウンドエボリューション (3) オールラウンドエボリューション (4)

今回使用しているのは「ST」です STIGAのブレードサイズやグリップサイズは全て規格化されています シェークは「155×149mm」 グリップが「ST」の場合は「100×29mm」となっています 名品中の名品ともいえるラケットで、トップ選手の使用実績は枚挙に暇が無いです ノングルーとなった現在でも使用され続ける抜群のフィーリングはこのラケットならでは といった所ですね

オールラウンドエボリューション (2)  オールラウンドエボリューション (1)

オールラウンドエボリューション (5)  オールラウンドエボリューション (6)

板厚の平均はメーカー数値で「6.0mm±」 重量は「80±5g」となっています この個体は重めですね 打球感はフィーリングを重視したタイプでソフトですが軟らかすぎる事は無く、打球時に適度に持つ感覚のあるラケットです 特徴としては強い打球をした際に「しなり」を体感できるラケットでボールを長く持つ事が出来、非常に回転をかけやすいのが最大の特徴ですね 中国ラバーとの相性が特に高いのはSTIGAの木材ラケットの共通として挙げられますが、このラケットはその中でも群を抜いた相性の良さを持っています 弾性としてはそれ程強いものではなく「ALL+」程度でしょうか 高めに見て「OFF-」手前位の弾性です ラケット自体は高反発ではないですが回転のかけやすさが最大の特徴ですので、ドライブ主体のプレーに最も威力を発揮するラケットですね

前述していますが、木材ラケットの中でも非常に優れた回転性能を持つラケットです また、現代の卓球では「テンションラバー」が主流となっていますので、適度な反発を持つ「ALLROUND EVOLUTION」はテンションラバーの強い弾みをコントロールを容易にします この回転性能の高さが「粘着系」との相性をハイレベルにまで引き上げているのですが「ノングルー」の影響が最も出た為、一部の粘着テンションを除き「弾性不足」となるケースは多いです 弾性に優れる粘着ラバーとの相性は抜群といえますが、非常に少ないのでそこがネックですね 回転系のテンションラバーが入手の容易さ等を考えると最もベターです  ラケットの特性から強打よりもドライブを主体にするプレースタイル向けですね 表ソフトとの相性は「×」という程ではないですが「△」といった印象です 表ソフトの場合はもう少し球離れが欲しい所です 使用する場合は硬いスポンジの方がバランスは取りやすいですね

ロングセラー中のロングセラーなので説明不要なんですが、やはり良いラケットだという印象でしたね 打球感のよさ、回転をかけるには飛びすぎない適度な弾性 汎用性の高さ 万人受けするラケットとはこういうラケットを指すんだなあ と実感しますね スウェーデン製ラケットの良さを味わえるラケットです 値上げとなってしまったものの、比較的手頃でコストパフォーマンスに優れたラケットでもあります また、長く使える1本でラバーの変更でステップアップをしていける点もグッドですね ラケットとして完成されている 隙の無いバランスを誇るラケットです





トップへ戻る