低弾性とキレ 
「巨龍 dragontaron special 」 0.6mm

巨龍から登場している「ドラゴンタロン」のスポンジ変更バージョン「dragontaron special」です ノーマルに比べ硬めのスポンジを採用した事で、打球感等に変化を与えた物となっています

 

d-taron sp (3)   d-taron sp (2)

 

ノーマルは「白」ですが、スペシャルは「赤」の非常に目立つパッケージとなっています パッケージ自体も「ブリスターパッケージ」なので非常に珍しいですね ごく一部(ニンバスVIP等)には存在していますが、あまり見る機会のないパッケージです

 

d-taron sp (4)   d-taron sp (1)

 

シートは共通なので、シート自体に変更点はありません 少し柔らかめでキレの良い粒ですね 弾性はスペシャルの方がスポンジの関係上抑えてある印象です 硬めのスポンジで反発力が無いですね 同じ厚さの物と比較しても(code等)かなり控えめな印象です しっかりとボールを捉えて打球出来るので、弾むカット用ラケット(ニッタク ビオンセロ)でもコントロールがやりやすいとの事です はがす際にはスポンジが裂けやすいので、注意が必要です

 

弾性が抑えられた事によってより切りやすくなり、コントロール性能はかなり向上していますね ボールが非常に失速しながら飛んでくるので、オーバーの確率はかなり減少します 弾むカットラケットでかなり抑えやすくなっていますから、バランス型や守備重視のカット用であれば更に安定性は向上します 変化性能も高いので、低弾性を活かした守備主戦タイプのプレーヤーにも好まれそうですね 前陣でブロックを主体にプレーすると良く止まるので、意図的な変化をつけながらプレーする事が容易でした 打球時に反発しないので飛ばすのは大変でしたが、弾けば何とか飛ばせるかなあ という印象です

 

変化幅は大きめですが、「キレ」の方が特徴的です 「粒が倒しやすく切りやすい 弾みも抑えてあるので、コース取りもしやすい」というように、かなり振り回されました 微細なコントロールがかなりやりやすいようですね 通常の粒より飛びが抑えてあるので、プッシュ等の強い打球の距離感に慣れるまで苦労していたようです ですが、カットをはじめとする技術はかなり安定感があり、総じて使いやすかったようです 弾きづらいので攻撃的な技術に慣れが必要ですね

 

カット用としては安定感のあるバランスが良いラバーに仕上がっています 薄さもあり、より変化やキレをつけやすくなっているようですね ラケットの弾みを上げてもラバーが弾みを抑えてくれるので、弾みの心配はかなり軽減されますね 全体的には守備よりのラバーなので、最近の主流になりつつある「テンション粒」とは少し趣の違う粒高ですね 自分で色々とできるタイプのラバーです