弾力のあるスポンジが良い 「GLOBE LIQIN」

かつては「孔令輝」元代表や「馬琳」選手が使用する等、NT選手御用達であった「GLOBE」もノングルー以降はテンション系のラバー製造技術に他社と比べて大きく水をあけられたようで、かなり目立たなくなってしまいました 名作「999」やオリンピック金メダリスト「陳龍燦」元代表使用「889」等が懐かしいですね この「LIQIN」は非テンションではありますが、適度な弾みがあり使いやすいラバーとなっています

 

liqin (4)   liqin (3)

パッケージはヨーロッパ的なカラーリングで結構オシャレです 今までの「GLOBE」からするとかなりイメージチェンジできてますね ラバー自体は強めの粘着で、弾力のあるスポンジを搭載したラバーとなってます

liqin (1)   liqin (2)

ラバーの質自体はそれほど悪くないんですよね さすがにNT選手が使用していただけの事はあるメーカーです にしてもラバーが「地味すぎ」ですねえ GLOBE自体が派手さのない堅実なメーカーなのでこのシンプルすぎるロゴ等はある意味「らしい」と言えばらしいのですが・・・・・ 打球感は「999」程のカチカチではなく、42度の硬度の割に軟らかいですね 「紅双喜」等と比較すると打球時に食い込ませやすいので、硬いスポンジが苦手な方にも使いやすいラバーとなってます

 

シートは強めの粘着ですが、粘着が取れてくるペースが少し早いかなあ 弾みは落ちるペースが緩やかなのはいいんですが、粘着落ちるとさすがに回転力が厳しい物になってきます 回転性能自体が悪くはないだけに、これは痛いですねえ・・・ 弾みは999よりあるので、飛ばしやすいですね ですがここ最近の主流である「粘着テンション」と比較するとさすがに厳しいので、ラケットとの組み合わせが重要になってきます

 

全体的にハイスペックではないですが粘着系の割に使いやすく、特に打球感は中国ラバー独特の「カチカチ」なものと比較するとかなりソフトでクセがない印象です イメージとしては日本のメーカーが作る様な感じのラバーですね 粘着が十分あるうちは擦る打ち方・食い込ませる打ち方等、打ち方を選ばないのも大きいです 貼った当初はかなり飛ばない印象でしたが、時間経過とともに緩やかと弾み出し、緩やかに落ちていく感じなので弾みに関してはまずまずですね 中国ラバーに使いやすさを求める方にはおススメです  面白さはないですが、使いやすい粘着ですね 個人的には好きなメーカーなので、復活の新ラバーが出てきてほしいものですね




トップへ戻る