激しい切れと変化性能 「紅双喜 cloud&fog」

中国最大手メーカーである「紅双喜」の粒高「cloud&fog」です。 名前のとおり「雲と霧」の中に誘い込めるような変化性能を有したラバーです。

 

DSCF1348.jpg  DSCF1349.jpg

 

暗めのパッケージに霧のようなものが描いてあります。 中国ラバーの粒高は変化性能が高い物が多いですがクセも強く、使いやすい物は少ないように感じます。 この「cloud&fog」もクセが強めで変化の幅が大きく、不規則な弾みをしていますね 慣れるまでに少々時間がかかります、その「クセ」がボールに表れるので、扱いが難しいですが使う価値のある球質になりますね

DSCF1229.jpg    DSCF1231.jpg

変化性能が高い粒は細い物が多いですが、このラバーは少し太めの感じがします。 フツーに当てて返球するだけでも変化してくるので、変化性能は相当高いです。 変化だけでなく、「キレ」に関してもかなりのものです。 回転をかけたボールに対してカットするとボールがきれいに失速し、強烈な回転を持って返球されてきます。 厚さは「1.0mm」ですが、少し弾みがいいようなので「もう少し薄いほうがいいかなぁ」とのことでした。弾みが少しいいようなので、攻撃用のラケットだと前陣プレーがやりやすいのではないでしょうか 変化する上に攻撃もできるので、使い勝手はかなりよくなる印象ですね

クセが強めなので扱うのに慣れが必要ですが性能が総じて高く、カットや異質攻守共にその「クセ」を存分に発揮します 特に短い球に対してのプッシュや変化ブロックなどはカット用でもかなりの威力があるので、攻撃用のラケットだと更に威力のあるボールが出せますね 粒高としてはかなり攻撃性の高いクセ球を出せます テンション粒の様な「スピード+変化」ではなく、大きな揺れとキレがこのラバーの特徴です

特にカットはよく切れた上に変化してくるので、受けづらい球質でしたね ゆれて失速するので打ちづらいです カットから攻撃に転じる場合にもやりやすいらしく、反転せずに粒高で強打、前でブロックなど様々な変化を駆使出来るので、戦術の幅がかなり広がる粒高のようですね。 異質攻守の場合は大きな変化と早い打点での打球で相手のミスを誘いやすくなります どちらのプレースタイルでも高いスペックを発揮するので、汎用性は高いですね 性能は高いですが、扱いが難しいのでここがネックといえばネックです ですが粒高らしい大きなクセ球とキレのあるボールをを出すことが出来るのは魅力ですね