ソフトな打球フィーリング 「YASAKA ZAP」

国内メーカー「ヤサカ」が海外で展開している「ZAP」シリーズはこのほかに「バランス」や「パワー」「スピード」等、さまざまなバージョンが展開されています。 シンプルながら長くつかえるものが多いメーカーだけにラバーに対する期待をもって試用してみました

 

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~ 自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

パッケージは最近多い真空パッケージです。 「内能型」とあるので、一応テンション系にカテゴライズされるんですが、反発力はソフトな高弾性レベルですね。ほどほどに弾むという感じです。硬度は「36~38度」です。打球感はかなり柔らかいですね。ラバーにボールが食い込むのがよくわかります。 軽く打った感じは「かなり柔らかくてコントロールしやすい」というのが第一印象ですね。かなりおとなしめな印象を受けました。

 

自分、不器用っすから・・・~表ソフトしかできない~

シート自体もシンプルでこれといった特徴もないような気が個人的にはしますσ(^_^;) クセがなく、それほど弾まないので初~中級者の方向けで特厚経験があまりない場合などにこれから入るといいのではないかなぁ、という感じです。柔らかいのでフォアよりもバック向けですかね。フォアだとかなり物足りないと思います。安定性は増すのでつかえないことはないと思いますが・・・・威力不足で打ち抜くということは難しいですね。 裏面での試用はかなり安定しているので個人的には裏面用でいいな、という感じでした。

回転性能はほどほどで特筆するものはありませんね( ̄_ ̄ i)ホント「没個性」な感じがします・・・よく言えば「使いやすい」んですけどね。バランスはよく取れてるなー、という感じです。打球感がかなり柔らかくてボールを捕らえる、という感覚を身につけるにはいいラバーですね  しっかりと食い込ませて打つことができるので速いタイミングで打つというよりはやや遅めのタイミングで打球したほうがやりやすいんじゃないかな という印象です 下がると反発力が足りないのでちょっと厳しいですね。グルーがつかえるとこのラバーももっと活躍の場があるとは思いますがノングルー時代だとちょっと使用が限定されてしまう感じですかね

ある程度基礎ができて、ラバーの厚いものへとシフトするときにこのラバーから更なる高性能なテンション系へ移行、というプロセスをたどるといいんじゃないのかなぁ、というのが感想です。柔らかい打球感が安定性を増しているため、バックでのコントロールは相当やりやすいです。安定を重視する場合はこのラバーはいいと思います。攻撃するときはちょっと物足りないですね~ スピードや回転に突出したものがなく、「使いやすさ」がこのラバーの特徴です。そのため「没個性」な印象は否めないですね 地味なんですがいいラバーです。

柔らかめのラケットだとちょっとつらいですから、硬めのよく弾むラケットと組み合わせるといいかもしれません。




トップへ戻る