ソフトに爆速 「andro BLOWFISH」

縦・横目が選べるラバーをラインナップする等、個性的でスタイリッシュな用具を多数展開するドイツメーカー「andro」のテンション表ラバー「BLOWFISH」です 同じ名前を冠する「BLOWFISH+」とは粒配列が異なる事が特徴ですね

ブローフィッシュ (3)  ブローフィッシュ (4)

パッケージは基本的に「BLOWFISH+」と同じですが、こちらの方は主役のフグ一匹のみです(+はもう一匹黒いフグがいる) このかわいらしいキャラクターからは想像もつかないほどの速さを誇るのは+同様です こちらの方が更に食い込みが強いですが、その後の飛び出しが凄まじいです

ブローフィッシュ (2)  ブローフィッシュ (1)

+同様にロゴが大きいですが、このラバーは粒配列がプラスと違い「横目」である事が大きな差異ですね また、+と比較して粒の間隔が狭いですね 間隔の差や配列で差をつけている印象です 打球感はどちらもかなり食い込み、打球感もソフトですが、その後に飛び出していくボールが相当なスピードで飛んでいきます 球を持つ感覚があるだけにコントロールがしやすそうなラバーに見えるんですが、スピードや弾性が強すぎる為に食い込みがかえって扱いを難しくしている印象です 更にそのスピードを維持できる期間も長くないので、コストパフォーマンスはあまり良いラバーではないですね 目に見えて劣化していきます

弾性はテンション表の中ではトップクラスの性能で、スピード性能は「+」と共に随一のスペックといえるラバーです ここまでソフトで飛距離の出る表ソフトはほとんど無いですね その為、軽く当てるだけでもボールが突き抜けるように飛んでいく印象です 軽・中打の様な強い力を必要としない打球でも非常に速いボールを打てるので、攻撃力は抜群といえますね 回転性能としてはスピードが重視の割にはまずまずかかる印象ですが、弾みが強すぎるので短く出す事が非常に難しくなっています 意図しない飛び出しは常にあるラバーですね また、適度なすべりもあるので「表らしいボール」はテンション系の中ではまずまず備えているラバーですね 高速ナックルは攻撃力十分です

完全に防御を無視したラバーで、スピード性能を極限にまで高めているラバーですね 「+」の方が少し硬い打球感をしています なので「+」と比較して相当食い込みが強いので、表ソフトとしては球持ちは良いです ただその「球持ち」を体感した後に凄まじい音と共にボールが飛び出していくのがネックなんですよねえ 強い打球の際には食い込みが強い為に弾けなくなってしまっています 弾いた際に遅れて飛び出してくるので、距離感がまったく異なってしまいますね 結構なラグがあるので、弾くには不向きのラバーです なので従来の表ソフトとしては使いづらい印象ですね 軽い打球でもボールが速いので、ピッチ重視の方が何とか制御できるラバーですね 「+」同様に「飛びすぎ注意!!」なラバーです